1. トップ
  2. グルメ
  3. ブルーボトルコーヒー屋外シート設置の新店が横浜に、ブランド初となる店内家具の受注販売も

ブルーボトルコーヒー屋外シート設置の新店が横浜に、ブランド初となる店内家具の受注販売も

  • 2020.9.25
  • 791 views

ブルーボトルコーヒー屋外シート設置の新店が横浜に、ブランド初となる店内家具の受注販売も

ブルーボトルコーヒーの新店が、2020年9月25日(金)に横浜・MARK IS みなとみらい内にオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

横浜エリア2店舗目となる新店がMARK IS みなとみらいに

ニュウマン横浜内にオープンしたカフェスタンドに次ぐ、横浜エリア2店舗目となる「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」。

メニューは、ブルーボトルコーヒーお馴染みとなる丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクのほか、アルコールドリンクの「ブルーボトルコーヒー ペールエール」を用意。軽食には、注文後に焼き上げる「リエージュ ワッフル」やブランチにもぴったりなオープンサンドなどを揃える。

コラボマグカップ&ボトル先行発売

オープンを記念し、ブルーボトルのアイコニックなロゴをあしらった2つのグッズの先行で販売。新潟県燕市の「グローカルスタンダードプロダクツ(GLOCAL STANDARD PRODUCTS)」とコラボレ―トした琺瑯マグカップに加え、アメリカ発のスタイリッシュな魔法瓶「レボマックス(REVOMAX)」とのコラボレーションボトルをラインナップする。

屋外シート設置の開放空間

なお、横浜美術館の目の前に位置する同店は、カフェ前のスペースに屋外シーティングを設置するなど、仕事や買い物の休憩にぴったりの開放的な空間演出が魅力。

また、ぬくもりのある店内を演出する円形カウンターやチェアなどの家具は、ブルーボトルブランド初の協業となる芦沢啓治建築設計事務所と、コペンハーゲンのデザインスタジオ「Norm Architects」がデザインを担当し、カリモク家具によって製作された本カフェオリジナルのものだ。

ブランド初のコラボレーション家具の販売も

そんな店内で使用される3種類の家具が、ブランド初の製品化。「カリモクケーススタディ FOR ブルーボトルコーヒー」として、オープン同日より先行・期間限定発売される。

ソフトで温かみのある木を使用したダイニングチェアをベースに、「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」のために軽くスリムに改良した「カフェチェア」や高さのある「バースツール」、低めに設定された背面やコンパクトにまとまった脚部が特徴の「サイドチェア」がラインナップする。

【詳細】
ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ
オープン日:2020年9月25日(金)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい GL階
営業時間:8:00~20:00

■カリモクケーススタディ FOR ブルーボトルコーヒー
販売期間:2020年9月25日(金)~2021年3月31日(水)
販売場所:ブルーボトルコーヒー 公式オンラインストア 特設ページ
※初回生産分は12月中旬頃発送予定。
※本商品は受注生産。注文から約1.5~2ヶ月後に発送予定。
価格:
・カフェチェア 63,700円+税
・バースツール 77,500円+税
・サイドチェア 135,600円+税

元記事で読む