1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 12星座【2020年残り3カ月の金運】魚座は人を介してお金のチャンスが舞い込んでくる!

12星座【2020年残り3カ月の金運】魚座は人を介してお金のチャンスが舞い込んでくる!

  • 2020.9.25
  • 120822 views

電子マネーの普及など、さまざまな価値観が形を変えた2020年。早いもので、残り3か月になりました。今後はどうなっていくのでしょう。12星座別に、残り3か月の金運をみていきましょう。

■牡羊座……10月末、大きな実りがあるかも!
2020年の牡牛座の金運は、「稼ぐに追いつく貧乏なし」。一生懸命働いた分、まあまあ満足のいく状態をキープしているのでは? 残り3カ月、10月末頃に、ここ1年の頑張りが実を結び、大きな報酬となってかえってくる暗示があります。11月中旬には新たな財源が見つかる予感も! 2021年からは「変化」が金運アップのカギになってきます。現状維持をよしとせず、アグレッシブにいきましょう。転職も視野に入れて吉。

■牡牛座……11月末頃、金の卵が手に入るかも!
チャレンジ精神が活性化している2020年の牡牛座。サイドワークを始めた、転職による増収を成し遂げた、といったことがあったかもしれません。今年開拓したフィールドは、2021年からの金運を牽引する役割を担うことになります。残り3カ月もアクティブに! 10月はラッキーの多い月ですが、散財にご注意を。11月末頃、金の卵が転がりこんでくる暗示があります。さらに12月中旬以降、人の財を引き継ぐ可能性もありそうです。

■双子座……良好な運気が続く!
お金に関して何かとラッキーなことが多い2020年の双子座。残り3カ月も運気良好! 期待が持てそうです。特に10月下旬から11月中旬、12月中旬からは好調。12月下旬、今年最大の「ご褒美」がある予感も! 契約ごとにツキがあるときなので、このタイミングで保険の見直しや預け替えといったことを行うのもオススメです。2021年からは攻めの金運にシフト。今から投資の勉強など始めておくと、何かと役立つかもしれません。

■蟹座……11月中旬からクジ運アップ!
人からお得情報を回してもらえるなど、人脈が金脈に変わることの多い2020年の蟹座。この流れは今後3カ月間続くので、人付き合いは大切にしましょう。交際費は必要経費と割り切って。10月、雑談中に耳寄り情報を入手できる予感。11月中旬から12月中旬はツキに恵まれる幸運期。クジ運があるときなので、挑戦してみて。2021年からは吉凶混合。一筋縄ではいかなくなりそうなので、今から金融情報を多く仕入れておきましょう。

■獅子座……ワンコイン貯金の始めどき!
2020年の獅子座の金運は、倹約意識が高まり、そこそこ安泰に推移。残り3カ月も地道な頑張りがものをいうときなので、真面目にコツコツやっていくのが正解に。驚くほどの蓄財を成し遂げる可能性もあります。特にプチラッキーに恵まれる10月は貯めどき。ワンコイン貯金など始めてはいかがでしょう。12月半ばになると大運が切り替わり、金運がグンと上昇します。貯蓄より財テクが奏功しそうなので戦略的にいくといいでしょう。

■乙女座……ギャンブルにツキがあるとき!
2020年は才能がお金に変わるなど、ツキに恵まれることが多い乙女座。今後もこの流れは続き、収入増のチャンスが何度もありそうです。特に11月は絶好調! 11月中旬から、新たな財源を獲得する暗示があります。ギャンブル運もあるので、運試しをしてみても。ちなみに、投資もギャンブルに含まれます。2021年になると、乙女座は倹約モードが強くなります。その前に、自分への投資をしてもいいかもしれません。

■天秤座……散財には十分注意して!
倹約に目覚めた感のある、2020年の天秤座。外食を自炊に切り替えるなど、節約に励む日々かもしれません。しかし、残り3カ月は状況が一転。これまでの鬱憤を晴らすかのように、パーッと散財に走る暗示が出ています。深夜のネットショッピングは特に要注意です。ポチりたくなったら通帳を眺めて。散財にさえ気をつければ、11月半ばから金運は段階的にアップしていきます。投資などは2021年を待ってからのほうがよさそうです。

■蠍座……11月下旬から金運アップ!
「ちょっとラッキー!」に数多く恵まれることが多かったのでは? 2020年の残り3カ月、注意すべきは10月の不調期です。何となく消費を繰り返してしまう暗示が出ています。おこづかい帳をつけるなどして対処しましょう。11月下旬から、末広がり的に金運がよくなっていきます。11月末日頃、何らかの収穫を手にする予感も。2021年は収入面が厳しくなりそうなので、今年のうちから貯蓄を頑張っておくといいでしょう。

■射手座……慎重さを失わなければ好調!
拡大の木星と、縮小の土星が射手座の収入を意味するハウスに滞在する2020年。基本的には好調ベースであるものの、ときどき思わぬ締めつけにあったかもしれません。残り3カ月間も一筋縄ではいかない運気。慎重さをなくさないようにしましょう。12月中旬、土星と木星が相次いで収入のハウスから抜けていきます。2021年は、ツキよりフットワークが頼りになりそうなので、今から体力をつけておいて。12月末頃、早めのお年玉の予感も。

■山羊座……金銭トラブルにご用心!
ラッキースター・木星とともにある2020年。予想外の収入が手に入るなど、何かとハッピーな1年だったでしょう。ただ、この先3カ月の金運は不安定で、チャンスよりトラップが多い模様。特に親しい間柄の人との金銭トラブルには注意が必要です。貸し借りは絶対に避けましょう。12月半ばになると、あなたの収入のハウスにラッキースターが移動し、金運が一段上のレベルにアップします。2021年は実りの年になりそうなので、お楽しみに!

■水瓶座……10月に、もらいもの運!
ここまで、泥沼にはまり込んだかのように、にっちもさっちもいかないこともあったのでは? どうしたらいいものかと頭を抱えたこともあったでしょう。あともう少しの辛抱です! 12月19日、ラッキースター・木星が、水瓶座にやってきて、金運もろとも人生を輝かせてくれます! 2021年は素晴らしいことがたくさんあるはず。残り3カ月は、その下準備にあてるといいでしょう。10月はもらいもの運があり。

■魚座……人から金運が舞い込んでくる!
人とのつながりが金運に直結する2020年の魚座。残り3カ月も、人を介して金銭的なチャンスが舞い込んできます。10月後半から11月後半、大金が絡むサプライズがあるかもしれません! 注意したいのは衝動買い。カード類は持ち歩かない、電子マネーは使わないなどの対策を立てておきましょう。2021年は金運の出入りが激しくなりそうなので、今から自衛を心がけて正解です。

金運は流動的なもの。金運の流れをうまくつかんで、残り3か月を上手に乗りこなしていきましょう!
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む