1. トップ
  2. ファッション
  3. 今から秋まで大活躍!着回し力・着映え力で選ぶ優秀ワンピース3着

今から秋まで大活躍!着回し力・着映え力で選ぶ優秀ワンピース3着

  • 2015.5.13
  • 8780 views

初夏から晩夏へ、気温の変化も激しい5月から9月までの5か月間の仕事服は、おしゃれであることはもちろん、快適さといった機能性も重要です。

そんな条件を満たす仕事服としてイチオシなのが、着るだけで様になるワンピース。『Oggi』6月号では、着回し力・着映え力で選んだ優秀ワンピースを特集しています。

きちんと感があるのはもちろん、大げさすぎない存在感で仕事シーンにマッチする3つのタイプを厳選しました。5月から9月の着回しテクニックと共にご覧ください!

 

◆知的&華やかで好感度もバツグン!「好感程サバワンピース」


【5月】最上級のきちんと感を求めるなら、黒のテーラードジャケットを合わせるのが効果的。キリッと仕事ができる感を出して、信頼感を獲得したい場面で活躍するのは、やっぱりワンピース。


【6月】湿度の高いこの時期にも、快適に過ごせるのが、1枚でさっと着られるワンピースの良さ。レインコートを羽織っても、好感度はキープ!


【7月】カゴバッグとフラットサンダルで、上品カジュアルなデートスタイルに。ワンピースのレザー使いがコンサバすぎず、こなれ感をさり気なく醸し出してくれます。


【8月】外は灼熱だけど、中は冷え冷え……。さっと羽織れるカーディガンとワンピースのコンビは、真夏の温度調整の救世主です。1枚で着ても切り替えデザインなので、コーディネート感は充分。


【9月】透け感のあるペーパーリネン素材のロングカーディガンとも相性バツグン! ワンピース丈よりやや長め丈を選ぶのがいまっぽいバランス。

ワンピース ¥69,000(八木通商<チンクワンタ>)

◆旬のシルエットで全方位パーフェクト「きちんとサックワンピース」


【5月】コットンリネンの春コートを羽織って、颯爽と外出。フリンジ使いや、表情のある素材感のコートは、シンプルなワンピースの着こなしをぐっと盛りあげてくれます。肌なじみのいいベージュと上品なネイビーの配色は、オンスタイルにもってこい!


【6月】キュッと詰まったクルーネックは、今季のトレンド。巻物とも相性が良く、アレンジしやすいのも魅力です。リボン付きレインシューズで、甘さをプラスして。


【7月】ボーダーカーディガンを腰巻きしてアクセントをプラス。カジュアルアイテムのトッピングでオフモードに。


【8月】1枚で様になるミニマルなワンピースは、華やかな場面にもぴったり。主役にしても存在感があります。


【9月】シャンパンゴールドのとろみ素材のブルゾンを合わせ、カジュアルテイストを盛り込んだスタイル。ブルゾンの黒をリンクさせたバッグ&靴を効かせてハンサムに仕上げて。

ワンピース ¥34,000(エストネーション<エストネーション>)

 

◆きちんと感とこなれ感が両立「涼感シャツワンピース」


【5月】襟がついたシャツワンピースだから、パーカを合わせてもラフになりすぎず、仕事スタイルとして合格。


【6月】Gジャンにニット帽なんてカジュアルなコーデでも、黒のシャツワンピなら大人顔にまとめてくれます。


【7月】ウエストマークすることでメリハリあるシルエットに。白をアクセントにすることで、夏でも黒ワンピがさわやかにまとまります。


【8月】そで口が広めなので、炎天下でも風通しがいい! 夏こそ、ストンとしたフォルムが生きます。


【9月】リネンのブラウンニットをレイヤードして、ドライな大人配色に。すっきりとしたラインのシャツワンピースなので、スタイルよく決まります。

ワンピース ¥35,000(デミルクス ビームス 銀座<エリン>)

 

どんなシーンでもサッと着て1枚で決まる、“シンプルきれい”な3タイプのワンピース。夏の仕事服の強い味方になってくれること、間違いなしです。(鈴木 梢)

『Oggi』2015年6月号(小学館)