1. トップ
  2. ダイエット
  3. 足首の硬さは下半身太りの原因?動かして流すカンタン足首ほぐし術

足首の硬さは下半身太りの原因?動かして流すカンタン足首ほぐし術

  • 2020.9.24
  • 2143 views

足首とふくらはぎの関係性

足首の動きが鈍くなったり可動性が低いとなぜ太りやすくなるのでしょうか?それは連動して動くふくらはぎとの関係性にあります。ふくらはぎを動かしたりストレッチする時、多くの人は足首から足の先の伸ばしたり、逆に足首を90度に曲げてかかとを突き出したりと、足首から下を動かすことでふくらはぎに働きかけます。つまり、ふくらはぎを動かしているのは足首とも言えるのです。

足首が硬いと太りやすい?

足首の動きが悪くなることでふくらはぎの動きも低下。ふくらはぎは第二の心臓と言われるように、下半身に流れてきた血流等を上の押し上げるポンプの動きをしているため、結果的にふくらはぎが動かない=むくみやすくなる=下半身の滞りが起き、太りやすくなる、という悪循環になってしまうのです。

足首の可動性を高めよう!

足首を動かすことでふくらはぎも動かしやすくなることがわかりました。では、足首を大きく動かすにはどうしたらよいでしょうか。1分動画で、足首をほぐして動きやすくしていきましょう!

1)足首を曲げやすくするヨガストレッチ

足首の付け根を親指で押さえ、押し込みながら、体重を前にかけて足首を曲げていきます。距骨という足首の前にある骨の位置を整えるエクササイズです。

足首の骨
距骨は足首の前側、ちょうど曲げ伸ばしする部分についています
2)足首を伸ばしやすくするヨガストレッチ

足首の付け根を大きくストレッチしていきましょう。足の指先からスネまでのラインをストレッチしていくエクササイズです。特に女性は親指の先が内側に入りやすいので、まっすぐ行うことを意識してみてください。

?伊藤香奈?股関節ヨガインストラクター?鎌倉(@itokanayoga45)がシェアした投稿 - 2020年 9月月20日午前3時01分PDT

この投稿をInstagramで見る

さらに足首の可動性や柔軟性をアップするヨガのポーズを知りたい方は、「足首が硬いと太りやすくなる!?柔軟な足首を作る7つのポーズ」の記事も合わせて読んでみてくださいね!

ライター/伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学の知見を深め、ヨガ・ストレッチ・筋膜リリースを組み合わせた独自のエクササイズで痛みを克服。この経験をもとに「股関節ヨガ」というオリジナルメソッドにまとめ、「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるヨガを考案。股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。Instagram:@itokanayoga45

元記事で読む