1. トップ
  2. スキンケア
  3. 万人が好むベストセラーの香水4選! 「それ、どこの?」と聞かれるはず♡

万人が好むベストセラーの香水4選! 「それ、どこの?」と聞かれるはず♡

  • 2020.9.24
  • 29086 views

あまりにも数が多すぎて、どれを選んでいいのかわからない……、というフレグランス初心者には、多くの人から愛されているベストセラーがおすすめ。

今回は、つけていると「それ、どこの?」と聞かれること間違いなしの、万人が好む香りのラインナップをご紹介します。


◆シャネル

誰もが振り返るような 普遍的な魅力の香り
チャンス オー タンドゥル オードゥパルファム 50mL 11,000円。

シャネルの「チャンス」は2003年にオリジナルが誕生し、以来、印象の異なる香りが誕生し、現在全4種がラインナップ。

「オー タンドゥル」は、ピンクのボトルが象徴するように、女性らしさが満点。いきいきと自信に満ち溢れた女性像を表現し、やさしい気持ちになれるフレグランス。

Masumoto’s check!

香調は「フローラル フルーティ」。時間の経過により変化するというより、さまざまな香りがちらりと顔を見せるような印象。ローズやジャスミンを中心に、グレープフルーツやヒヤシンス、アイリスやホワイトムスクなど、独特のハーモニーを醸し出す。
●こんな人におすすめ:フルーツの香りが好きな人に。いつまでもいきいきとした印象でありたい人に。

チャンス オー タンドゥル オードゥパルファム

50mL 11,000円

シャネル カスタマーケア


https://www.chanel.com/ja_JP/

◆クロエ

まるで庭園にいるよう さまざまな表情を見せる香り
「クロエ オードパルファム」50mL 11,900円。

「クロエ オードパルファム」は、2008年、ファッションブランドの洗練されたエスプリを表現すべく誕生。

従来にないローズの香り、職人の手作業によりつくられたシルバーのメタルプレート、クチュリエの技術を活かしたリボンなど、随所にこだわりが。2020年10月には新たな香りも登場し、全5種がラインナップ。

Masumoto’s check!

ローズの香りを中心に、爽やかなグリーン調を演出するピオニーやライチ、パウダリーなホワイトムスク、ウッディなアンバーなど、さまざまな表情を変える。
●こんな人におすすめ:フルーティでも清々しさのある香りを探している人に。

クロエ オードパルファム

50mL 11,900円

ブルーベル・ジャパン 香水・化粧品事業本部


https://www.chloe.com/jp/

◆イヴ・サンローラン・ボーテ

魅力的な女性像を溢れるほど 表現した香り
「モン パリ オーデパルファム」50mL 12,500円、30mL 8,500円。

「モン パリ オーデパルファム」が誕生したのは、2016年。恋の幸せの絶頂を表したというこのフレグランスは、甘くセンシュアルな印象。

クリアなボトルに入ったピンクのフレグランスにあしらわれたブラックリボンが、シャープな印象をプラスしている。

Masumoto’s check!

香調は「ホワイトフローラルシプレ―」。トップのフルーティで甘酸っぱい香りから夜だけ花開く魅惑的なダチュラをミドルに、最後はホワイトムスクでしっとりと。
●こんな人におすすめ:かわいらしさと大人っぽさ、両方を兼ね備えたイメージを目指したい人に。

モン パリ オーデパルファム

50mL 12,500円、30mL 8,500円

イヴ・サンローラン・ボーテ


https://www.yslb.jp/

◆リキッドイマジネ

弾けるシャンパンのような 爽やかさと深みが魅力
「リキッドイマジネ ドム ローザ オードパルファム」100mL 25,000円。

2016年日本に上陸を果たしたフランスのブランド、「リキッドイマジネ」。

「ドム ローザ」は、ワインを体現した香りのラインナップのひとつで、アンフォラの壺を彷彿させるような独特の骨太のボトルからは、意外なほど繊細で人を惹きつける香りが放たれる。

Masumoto’s check!

ピンクシャンパーニュを彷彿とさせる香り。シャンパンアコード、グレープフルーツ、ウッディアコードなど、フレッシュから、スモーキィな漂いへと変化する。
●こんな人におすすめ:時間の経過によって印象が大きく変わる香りを探している人に。

リキッドイマジネ ドム ローザ オードパルファム

100mL 25,000円

ドゥーブルアッシュ

電話番号 03-6427-2369
https://www.doubleh.jp/

増本紀子(ますもと のりこ)

美容エディター&ライター。alto代表。4つの出版社勤務を経て、独立。雑誌やメーカーのリーフレットなどで、スキンケアからインナービューティまで幅広い美容記事の編集・執筆を行う。雑誌CREAでも多数の記事を執筆している。

文=増本紀子
写真=釜谷洋史

元記事で読む