1. トップ
  2. 柳楽優弥、「全力!脱力タイムズ」出演で新しい自分を発見『ニュータイプの柳楽をお見せできた』

柳楽優弥、「全力!脱力タイムズ」出演で新しい自分を発見『ニュータイプの柳楽をお見せできた』

  • 2020.9.24
  • 371 views
9月25日(金)放送「全力!脱力タイムズ」のゲストは柳楽優弥、田村亮
(C)フジテレビ

【写真を見る】柳楽優弥は今回「感情に波がある人」を演じる

柳楽優弥と田村亮が、9月25日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に出演。30歳を記念したアニバーサリーブック「やぎら本」もリリースしたばかりの柳楽が、番組初出演の感想や見どころなどを語った。

オープニングでは、柳楽と田村がデビューしたころの思い出話とともに当時の写真を公開。だが、番組側の過度な配慮でロンドンブーツ1号2号の写真には露骨に加工が施されており、田村は思わず苦笑いしてしまう。

今回の特集テーマは「日本国民は怒っている!」。最新の国民の生活に関する世論調査では、政治への不信や生活への不安など、国民の4人に1人が今の日本に不満を抱えているという。

そこで番組では、日本の諸問題に対する国民の怒りを、ゲストの柳楽、田村、全力解説員の吉川美代子、出口保行、メインキャスターのアリタ哲平(有田哲平)、キャスターの小澤陽子アナの出演者6人が代弁。

街頭インタビューで人々に「今怒っていること」を聞き、それらについてルーレットで当たった者がさらに厳しく追及していく。

「バシッと言ってやりますよ!」とやる気満々の出口、「子どもの作文程度のことしか言えませんが、頑張ります」と謙虚な吉川、そして意外過ぎる言動で意気込みを表す柳楽。温度差はあるものの、それぞれが前向きな姿勢を見せる中、田村だけが1人、不安げな表情を浮かべる。

街頭インタビューのVTRが流れ始めると、新型コロナウイルス感染防止と経済活動の両立の難しさが浮き彫りになってしまった現状や、外交問題にまで発展している動画投稿アプリの利用規制といった問題に憤る人々の意見が紹介され、ルーレットで当たった出演者が怒りを代弁。

他の出演者が「スッキリした」「スッキリしない」の札を挙げ、ジャッジしていく。

だが、やがて田村にとっては耳の痛い「怒りの声」が登場。さらに、アリタの計らいで、うまく怒れないときは代役に交代してもらえるというルールが導入されるが、その特別ルールが田村をますます追い込んでいく。

そして、エンディングではなぜか柳楽の「やぎら本」の宣伝のため、アリタと田村の2人が一肌脱がされることになる。

【写真を見る】柳楽優弥は今回「感情に波がある人」を演じる
(C)フジテレビ

柳楽優弥コメント

――番組初出演となりますが、収録はいかがでしたか?

前日からかなり緊張していたんですが、いざ収録が始まったらすごく楽しくて、あっという間でしたね。笑っていいのか、笑っちゃいけないのか、よく分からないまま、気付いたら収録が終わっていて、なんだか不思議な感覚でした。

――そもそも柳楽さんがバラエティー番組に出演すること自体、珍しいですよね?

そうですね。僕自身はバラエティーにもっとたくさん出たいと思ってるんですけど、あんまり向いてないみたいで(笑)。実は僕、お笑いが大好きなんです。

小さいころから結構目立ちたがりのところがあって、そういう仕事に就きたいと思っていた時期もあるんですよ。

――お笑い芸人になりたかったんですか?

はい。だけど生まれつき、こういうボソボソしたしゃべり方なので諦めました(笑)。

――じゃあ、今回のオファーを受けたときは、喜びもひとしおだったのでは?

喜びよりも先に緊張が来ました(笑)。「全力!脱力タイムズ」って空気感が独特というか、すごく絶妙なラインの上で成り立っている番組じゃないですか。そんな中で、自分が役割を果たせるのかと考えると、これはかなりマズいぞと。

ただ今回、「やぎら本」のスタッフの方が「この番組は柳楽さんに合っているんじゃないか」と言って推薦してくれたらしいんですよ。ここは1つ、その期待に応えてみようかなと思って。

――実際に収録に臨んでみて、何か気付いたことや新たに発見したことはありましたか?

やっぱり自分はまだまだだなと…本当に、もっとうまくなりたいんですよ、バラエティーでの立ち回りが! 自分のキャラを作りたいんです。

「柳楽には、こう振ればいいんだな」とか、MCの人に思ってもらいたい(笑)。俳優にキャラは必要ないのかもしれませんけど、僕としてはいずれそういう自分も見つけられたらと思っています。

――今回のゲスト出演は、新しい自分を見つけるための第1歩だったわけですね。

はい、コント風のやりとりも体験できましたし、ニュータイプの柳楽をお見せできたのではないかと(笑)。長年の夢に、少し近づけた気がします!

――今回の「全力!脱力タイムズ」の見どころを教えてください。

最初から最後まで、亮さんの反応が全部面白かったので、ぜひ見ていただきたいです。それと、僕に関しては今回、番組演出の方から「感情に波がある人を演じてください」というリクエストを頂いたので、急にすごい大声を出してみたりして、頑張ってみました。

自分なりに喜怒哀楽の表現を工夫して演じさせていただいたので、そのあたりに注目していただけるとうれしいです。ニュータイプの僕を楽しんでいただけたらいいなと思います!(笑)(ザテレビジョン)

元記事で読む