注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. 恋愛
  3. 干支で未来を占う!生涯のパートナーになる男性って?

干支で未来を占う!生涯のパートナーになる男性って?

  • 2020.9.23
  • 67677 views

一生を添い遂げられるパートナーはどんな男性なのか……。

まず、そのタイプを理解して、探したいですよね。

持って生まれた性質と運命の周期を占うことができる生まれ年の干支で、生涯のパートナーになる男性を導き出してみましょう。

あなたの生まれた年の干支のところを読んでください。

子(ねずみ)年生まれ

……精神が安定した男性

こまめで気配りが利く子(ねずみ)年生まれですが、あれこれ気になってしまうため落ち着きがない性格でもあります。

そんな子年が生涯身を任せられるパートナーは、考えがぶれない、精神が安定した男性。

少々頑固者なくらいが、子年にとっては安心できるでしょう。

丑(うし)年生まれ

……生活感覚が似ている男性

おっとりマイペースな丑(うし)年生まれは、自分のまわりが騒がしいことを好みません。

意見の食い違いが起こらない、生活感覚が似ている男性が、生涯のパートナーとなるでしょう。

良いと思うもの、イヤだと思うものが同じなら、穏やかに暮らせるからです。

寅(とら)年生まれ

……マジメで地道な男性

感情の抑揚が激しく、二面性のある寅(とら)年生まれ。

生涯のパートナーは、マジメで地道に人生を歩むタイプの男性でしょう。

性格が違うのでケンカは多くなりますが、少しずつふたりの共通項が増えてゆき、絆が深まっていくからです。

卯(うさぎ)年生まれ

……内気で繊細な男性

愛嬌バツグンですが、ちょっとちゃっかりしたところがある卯(うさぎ)年生まれ。

生涯のパートナーは、内気で繊細な男性。

彼の気持ちや行動に気くばりをしているうちに、浮ついたところが抑えられ、誠実さを学ぶのです。

静かな幸せをかみしめられるでしょう。

辰(たつ)年生まれ

……お金に細かい男性

スポットライトを浴びて生きているような、華やかな辰(たつ)年生まれ。

自己主張も強い辰年をサポートし理解してくれる生涯のパートナーは、お金に細かい男性。

たいがいお金以外のことにも細かいので、おおざっぱな辰年にはぴったりな相手なのです。

巳(へび)年生まれ

……聡明で冷静な男性

用心深い巳(へび)年生まれ。

頭の回転の良さとフレキシブルな行動力で、危険を回避します。

生涯のパートナーは、同じく聡明で冷静な男性。

巳年の用意周到さを愛し、お互い素直に接することができるでしょう。

一緒にいると、支え合える相性なのです。

午(うま)年生まれ

……保守的な男性

午(うま)年生まれは、「これがいい!」と思ってしまったら一直線に進んで行ってしまいます。

行動が早すぎて、準備不足なことも。

そんな午年にぴったりな生涯のパートナーは、保守的な男性。

あわてんぼうな午年をなだめ諭しつつも、別れることはないでしょう。

未(ひつじ)年生まれ

……穏やかな男性

優しく穏やかな性格の未(ひつじ)年生まれ。

ちょっとメンタルが弱いところがあるため、刺激が少ない人生が幸せのコツとなります。

そんな未年の生涯のパートナーになる男性は、同じように穏やかな人。

声が小さく押しつけがましくないタイプだと、安心できます。

申(さる)年生まれ

……個人主義or同じ趣味の男性

申(さる)年生まれは、器用でチャレンジ精神が旺盛。

楽しく幸せな人生のために、さまざまなことに手を出します。

目まぐるしく好みが変わるのですが、それに文句を言わない個人主義の男性か、趣味の方向が同じ男性が生涯のパートナーでしょう。

酉(とり)年生まれ

……用心深く、空気が読める男性

酉(とり)年生まれは頭が良く、パーフェクトを目指して結果を出せる人。

でも、相手がいる場合、合わせるのが苦手です。

しかし空気を読むのが得意で、さらに用心深いタイプなら、酉年の目指すところや繊細さを理解し、生涯のパートナーとなれるでしょう。

戌(いぬ)年生まれ

……財布のひもをしっかり締める男性

責任感が強く、コツコツ努力をするのが得意な戌(いぬ)年生まれ。

生涯のパートナーは、金銭感覚が同じ男性。

財布のひもをしっかり締めるタイプでしょう。

お金がすべてとは思っていませんが、人生に大事なものという意識はずっと消えないので、このタイプがいいのです。

亥(いのしし)年生まれ

……ちょっと抜けている男性

好意的に思える人や事柄に対しては、許容範囲が広い亥(いのしし)年生まれ。

その中でも、ちょっと抜けていたり、おバカっぽかったりするタイプが、生涯のパートナーになります。

そんなダメなところが妙に愛おしく、「相手も自分の短所を受け入れてくれる!」と相愛になるでしょう。

さいごに

「こんなタイプの男性、全然恋愛対象に入れてなかった!」なんていう結果もあったかもしれません。

運命の絆は、自分でもわからないところにある場合がありますよ。

それを導くのが、干支占いなのです。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む