1. トップ
  2. スキンケア
  3. 今すぐ見直して!透明美肌をつくる「正しいスキンケア」

今すぐ見直して!透明美肌をつくる「正しいスキンケア」

  • 2015.5.12
  • 1460 views

自分流のスキンケアを続けているうちに、肌のキメが荒くなったり、肌不調を感じて「あれれ?」と不安になることはありませんか? 適切なターンオーバーを促して透明感のある肌を手に入れるには、化粧水と乳液のセット使いと、用量を守った使用量や肌への馴染ませ方がポイントなんですよ。

■正しいスキンケアをすれば、肌のキメは細かくなる

キメが細かく、透明感のある肌になるために必要なのは、時々のスペシャルケアよりも毎日の正しいスキンケア。脂っぽく見える肌やキメの荒い肌は、毎日自己流のスキンケアを行い続けていることによって肌が乾燥し、適切なターンオーバがされていない可能性があります。

■これが本当の「正しいスキンケア」

(1)化粧水+乳液は大前提

これからの季節は肌がベタつくのが嫌で、化粧水だけで済ませたくなることもあるかもしれません。でも、化粧水だけよりも、化粧水の後に乳液を塗布した方がうるおいが持続するので、乾燥を防ぐためには両方使うことが大切です。また、資生堂の研究によると、化粧水だけの自己流スキンケアと、乳液とコットンを使用してのスキンケアを1ヶ月比較したところ、後者は肌の水分量が2倍近くにもなるということもわかっています。

(2)使用量は思ってるよりも「多め」

化粧水をはじめとした基礎化粧品を、何となく手のひらに出して使っていませんか? 「化粧水は500円硬貨大よりもやや大きめにたっぷり」「乳液は10円硬貨大よりもやや大きめにたっぷり」など、パッケージに記載されている通りの用量を使うようにしましょう。少なめに使ってしまうと、本来の効果を得にくくなってしまうことも。

(3)なじませ方にもルールあり

せっかく良い成分が詰まった基礎化粧品だからこそ、適当にペタペタと塗るのではなく、肌が喜ぶ方法でなじませたいもの。頬や額などの広い部分からコットンを使って塗布し、顔の中心から外側にむかって、丁寧に2〜3回なじませるようにしましょう。また、首に塗布する際は、下から上に向かってなじませて首のシワやたるみを予防しましょう。

キメの整った透明美肌を目指すためにも、模範スキンケアを取り入れたいものですね。

(前田紀至子)