1. トップ
  2. 恋愛
  3. "短期恋愛"常習の44歳独身男を変えた「サードプレイス」での出逢い

"短期恋愛"常習の44歳独身男を変えた「サードプレイス」での出逢い

  • 2020.9.22
  • 3458 views

「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りします。1回目2回目に続き今回もお話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、東京都出身で同い年の京子さん(仮名/47歳)と結婚。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

【"確率8%"の向こう側~40代50代の大人婚】

case1-3.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)
これまで“短期恋愛”だったワケ

上京してからは、半年から1年ほどのタームで彼女とお別れしてきたという康太さん。“短気恋愛”を繰り返していたのは、過去の恋愛体験が影響しているといいます。

「29歳で上京する直前に、3年弱つき合った子に別れ話をした経験を思い出してしまうんです。当時の僕より1歳年下だから、彼女は26歳から28歳。女性の結婚適齢期です。僕はいずれ飲食店を経営したいと考えていたから、一度は東京で勝負をしてみたかった。そう思っていたタイミングでいただいたお話が、『家賃は不要で月収は10万円』です。

彼女は歯科衛生士で安定した収入を得ていましたが、もしも子どもができたら僕の月収10万円では養えません。ほかに東京行きの話はなく、僕はその提案に乗りたかった。だから、彼女と本音で話し合いました。『遠距離恋愛を続けるか、一緒に東京へ行くか、別れるか、話し合って決めよう』と。直接、顔を合わせて体温を確かめ合いたい僕らに遠距離恋愛は難しいだろうし、彼女を上京させたら苦労をかけてしまう。お互いに別れる一択でした。彼女も『しゃあないな』と言い、別れを受け入れてくれました。

ただ、女性の大切な結婚適齢期を自分に費やさせてしまったことは今も心残りで。だからつき合ってみて『この人と結婚はしないな』と感じたら、早めに自分から別れ話をしていました。人並みに女性との交際経験はあるのに、結婚までは至らない。心の底から『結婚したい!』という女性にもめぐり逢えない。そんな経験をしてきたので僕は自分を、結婚不適合者だと思っていたんです」

バーで出逢った美人さんが、今の妻

サードプレイス的なバー…アリだと思います!(写真:iStock)
サードプレイス的なバー…アリだと思います!(写真:iStock)

自虐のような言葉を連ねる康太さんですが、44歳で同い年の京子さんと出逢っています。出逢いの場所は?

「知人男性が経営している、馴染みのバーです。彼から『美人さんが来ていますが、(ご一緒してみては)いかがですか?』と、LINEが届いたんです。美は主観によるところが大きいと思うので、『言うてもな……(マスターが言うほど美人ではないだろう)』と、期待半分、あきらめ半分でノコノコとお店に顔を出しました(笑)。

到着した店内を見渡すと、初対面の女性が2人、カウンターに座っていました。1人はたぶん20代。もう1人はめっちゃ美人さん。マスターに促されて、僕は美人さんの右横に座りました。美人さんが今の妻、京ちゃんです」

40歳以上の男女に必要なサードプレイス

バーね。夜な夜な出逢いやワンチャン狙いや、あんなことやこんなことが繰り広げられているバーですね。余談ですが筆者は、馴染みのバーに来ていた男性を、マスターに「紹介してほしい」とお願いした経験があります。手すらつながない、清らかなデートを数回しただけで終わりましたが。バーで出逢い恋人になったカップルや、結婚した例も知っています。

彼女たちは出逢いを求めてバーに通っていたわけではなく、常連男性に鼻息荒くアプローチしたわけでもないので、通い詰めれば必ずしも運命の相手と出逢えるわけではない、というのが縁の妙。ですが、止まり木的にバーを活用する私生活はアリだと思います。40歳以上の男女はこれから迎える老後に向けて、自宅でも仕事場でもない、サードプレイスの準備が必要だといわれている世代ですから。

ドストライク!ファーストキスの相手と激似

マスターの人を見る目って結構大事(写真:iStock)
マスターの人を見る目って結構大事(写真:iStock)

ところで康太さんは、京子さんの見た目に惹かれた、ということですか?

「そのとおりです。見た目に一目惚れしました。京ちゃんは、中学校2年生のときにファーストキスをした子と似ていたんです。小顔で、身長が150センチ台とそれほど高くなくて、体格が華奢で僕のドストライク。今までの彼女はなぜか身長が高くてガタイがよく、見た目が好みではなかった。だったらなぜつき合ったのかとツッコミを入れられそうですが、僕は『超』がつく肉食系なだけで、モテるわけではない。自分に少しでも関心や興味を持ってくれた子にアプローチした結果、見た目は好みではないという恋愛が続いていたんです。

京ちゃんは実年齢より見た目がすごく若く見えて、年齢を聞くまでは僕より絶対に年下だと思っていました。30代半ばぐらいかと。若い子が好きでつき合ってきましたけど、一目惚れだから年齢は関係なかった。

バーのマスターが共通の知人という点も安心材料になりました。マスターは儲け度外視で、飲み方のマナーが悪い人を潔く出禁にするんです。京ちゃんも僕が、マスターが信用しているオトコということでフランクに接してくれました。クールな雰囲気で人見知りらしく、最初の1時間ほどは目もほとんど合わせてくれませんでしたが」

見た目を磨いておいて損はない…はず

キレイを保って損はナシ!(写真:iStock)
キレイを保って損はナシ!(写真:iStock)

早稲田大学国際教養学部教授で、「恋愛学」の講義でも人気の森川友義さんも言っています。「男は視覚で、女は耳(相手の声)で恋愛する傾向にある」と。結局、男性の優先順位は見た目なのね……とため息が出そうですが、磨いておいて損はないのかも。

心理学の「ハロー効果」(分かりやすい目立つ特徴に引きずられて、その特徴以外の要素まで同じように評価してしまう認知バイアス)のごとく、美人あるいはかわいいパートナーとおつき合いしていると、自分の株まで上がった気分になると言っていた男性もいましたし。

その男性と同じ気分を味わいたかったわけではないのかもしれませんが、康太さんは思いを伝えて京子さんと正式に交際することに。京子さんとおつき合いしたかった理由は自身の事情にも絡んでいるそうですが、結婚までは困難な道のりだったようで――。次回に続きます。

今回の学び

・自宅でも仕事場でもない、サードプレイスの準備を。
・「男は視覚で、女は耳(相手の声)で恋愛する傾向にある」らしい。

※シリーズタイトルの「確率8%」とは…5年に一度実施されている国勢調査の直近データを基に、2010年の45歳の未婚男女が5年後の2015年までに何%結婚できているかを算出したもの。「コクハク」は40代50代大人婚の"リアル"を物語る数字だと考えます。

(内埜さくら/恋愛コラムニスト)

元記事で読む