1. トップ
  2. 恋愛
  3. 仕事でも、恋でも人間関係を良くしたいのなら「質問力」を鍛えるべき

仕事でも、恋でも人間関係を良くしたいのなら「質問力」を鍛えるべき

  • 2015.5.12
  • 7622 views

新生活にもそろそろ慣れてきた頃、職場の人間関係も少しずつ築けてきたのではないでしょうか? 仕事を順調に進めていくためには、やはり仕事仲間との人間関係が大切ですよね。「私、コミュ力がないから…」と人付き合いを戸惑っていても、一向に距離は縮まらないので、自分から距離を縮める努力が必要。

ただ、どうやってコミュニケーションを取ればいいのかがわからないという人も多いはず。コミュ力がないと感じている人の多くは、「会話が続かない」ことを懸念しています。そこで今回は、相手との会話を続けたり、話の幅を広げたりするノウハウをお伝えしましょう!

■何気ない会話も盛り上げられる

コミュ力アップには、何気ない会話でも盛り上げられるような質問の仕方をマスターするのが良いでしょう。質問の方法は大きく2つに分けることができ、「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」があります。

どちらも無意識のうちに使っている話術ですが、これを意識的に使い分けることで、コミュ力アップに期待できるはず。

■クローズド・クエスチョンとオープン・クエスチョンって何?

まず、それぞれの話術について簡単に説明しましょう。『仕事ができて、愛される人の話し方』(有川真由美/PHP研究所)によると、クローズド・クエスチョンとオープン・クエスチョンとはこういうものだと解説されていました。

“質問には、「~ですか?」「~ですよね?」、それに対して「はい」「いいえ」というように、「YES・NO」の答えを導く“クローズド・クエスチョン”(閉ざされた質問)と、「YES・NO」以外の答えを導く“オープン・クエスチョン”(開かれた質問)があります。”

それぞれの質問の仕方を簡単な例を挙げて紹介していきます。

■クローズド・クエスチョンを使った事例

・「昨日は残業したの?」

・「報告書はもう仕上げた?」

・「週末は家にいるの?」

これらの質問でわかるように、クローズド・クエスチョンはYESかNOのどちらか、つまり2択ということです。

■オープン・クエスチョンを使った事例

・「昨日、仕事終わってから何した?」

・「報告書はいつまでに、誰に提出するの?」

・「週末は何してる?」

クローズド・クエスチョンと質問の内容は同じですが、質問の幅が広く、相手は自由に回答することができます。

■恋愛でも活用できる

職場やビジネス関連の人だけでなく、この2つの質問を使い分ければ、恋愛でも有利になれるかもしれません。

相手の気持ちが知りたいとき、クローズド・クエスチョンで「私のこと、好き?」と聞くか、オープン・クエスチョンで「私のこと、どう思う?」と聞くかで相手の反応も変わってきます。この場合だと、友達以上恋人未満という曖昧な関係なら前者で、彼の本心が知りたいときには後者が良いかもしれませんね。

ただ、オープン・クエスチョンの方が相手の深い部分を掘り下げることができますが、「なんで」「どうして」「誰と」と、深いところを突きすぎると窮屈さを感じさせてしまうことも。

時には質問だけでなく、「私はね」という感じで、自分のことを話した方が、相手との距離感を上手に埋めていけますよ。

相手が投げかけてきた情報が少なくても、オープン・クエスチョンを使えばより多くの情報を聞き出すことができ、相手との親密さもアップするでしょう。

意識すれば簡単に取り入れられる話術だから、今日からトライしてみては?

参考文献:『仕事ができて、愛される人の話し方』(有川真由美/PHP研究所)

(RUREI)