1. トップ
  2. ダイエット
  3. 13kgの減量を叶えたダイエットのコツ、1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣など今週注目の話題

13kgの減量を叶えたダイエットのコツ、1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣など今週注目の話題

  • 2020.9.20
  • 81110 views

今週(2020年9月13日~2020年9月19日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『13kgの減量を叶えたダイエットのコツ』『1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

60kg→47kgの減量に成功!ダイエットのコツは?

ダイエットにはヘルシーな食生活と適度な運動は欠かせませんが、ダイエットを成功させるためには避けたい食品もあります。そこで参考にしたいのが、人気ドラマ『梨泰院クラス』で主人公パク・セロイ(パク・ソジュン)の初恋相手のオ・スア役を演じた女優クォン・ナラが実践したダイエット法です。アイドル出身で身長172cmに体重47kgと誰もが羨むスタイルの持ち主ですが、デビュー当時は約60kgも体重があったそうでダイエットを敢行。現在もその体重をキープしている彼女ですが、ダイエット中は“ある食材”をNGにして一切食べなかったと言います。

(1)“白い食べ物”を避ける

ナラが食生活でまず気をつけて徹底したのが「白い食べ物を食べない」ということ。この“白い食べ物”とは砂糖などの糖分、塩分、白いパンなどのことを指します。

13kgの減量を叶えたダイエットのコツ、1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣など今週注目の話題

特に白い砂糖には中毒性があり、一度食べると「もっと食べたい!」といった体験をしたことがある方も少なくないと思います。そこで意識的に白砂糖をとらないことで、過食や無駄食いを避けていたのだそう。また、塩分の過剰な摂取もむくみを引き起こして代謝を悪くするのでダイエットの大敵となります。ダシや薬味を上手に活用して、塩分を抑えた食事を心がけましょう。

(2)“小麦粉の加工食品”を食べない!

次にナラが取り入れたのが、パンやパスタなどの小麦粉の加工食品を摂らないグルテンフリーの食生活とのこと。小麦粉の加工食品は体を冷やす性質があると同時に体内で分解されにくく、結果代謝が下がりやすくなりますし、同じ糖質であっても米を食べる方が消化もよくエネルギーとして消費されやすいという研究結果もあります。個人差はありますがグルテンフリーを取り入れることで、むくみが取れたり、便秘が解消するなどの効果を期待できるので、ダイエット中はできるだけ小麦を避けることも効果的と言えそうです。

かつて太っていたことを全く感じさせないくらい美しいスタイルのナラを見習って、ぜひ日々の体型管理のヒントとしてみてくださいね。

腹筋運動よりも効果的!1日30秒の簡単お腹ダイエット習慣

お腹ぽっこりが気になった時は“まずは腹筋運動”という方は少なくないと思いますが、実はお腹を縮ませる腹筋運動よりも、お腹を伸ばす方が痩せ効果を得られるのをご存知でしょうか? そこで習慣に採り入れたいのが、ヨガの定番ポーズ【木のポーズ】になります。一般的には立って行うポーズですが、体のバランスをキープするのが難しいので、今回は座ったままで行う簡単なアレンジバージョンをチェックしてみましょう。

(1)床にあぐらで座り、両手を太ももの上に置く

13kgの減量を叶えたダイエットのコツ、1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣など今週注目の話題

(2)背筋を真っ直ぐにしたまま、両腕を上げる

13kgの減量を叶えたダイエットのコツ、1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣など今週注目の話題

(3)頭の上で両手の甲を合わせて、ゆっくり呼吸しながら3呼吸(約30秒間)キープする

13kgの減量を叶えたダイエットのコツ、1日30秒ペタンコお腹に導く簡単習慣など今週注目の話題

▲手の甲を合わせるのが難しい場合は、手の平を合わせる形でOKです

期待する効果を得るためには、とにかく「お腹、体幹、背骨をしっかり伸ばす」ことがポイント。実践中は天井方向に伸び上がる感じを十分に感じましょう。ただし、頑張って体を伸ばすあまり、肩が上に上がって顔が埋もれてしまうと効果を得られません。肩や首は力を抜いて、リラックスしながら実践することも心がけてくださいね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴3年)>

元記事で読む
の記事をもっとみる