1. トップ
  2. 恋愛
  3. 不倫の沼にはまりやすい女の特徴とは?

不倫の沼にはまりやすい女の特徴とは?

  • 2020.9.20
  • 3697 views

不倫はいけないことだとわかっていても、やめられない人は多いです。不倫の沼にハマりやすいのは、どんな女性なのでしょうか? 妻子ある男性を好きになってしまう女性には共通点があります。身近な人に該当者がいないか、チェックしてみましょう。

恋愛経験があまりない

過去に真剣に交際した経験があまりないなど、まともな恋愛をしていない人が多いようです。男性に大切にされることが、わかっていないのかもしれません。真面目に付き合っている相手が既婚者という時点で、ろくな恋愛とは言えません。優しい言葉や甘い時間が、本物なのか見極められないのでしょう。

自分に自信がない

不倫相手とは、二番手以降であるということ。真剣交際のつもりでも、本妻の次であることは確かです。それでもいいと思えるのは自分に自信がないため。自分を褒めて認めてくれる人と一緒にいるのは、居心地が良いですよね。
承認欲求を満たしてくれる人なら、既婚者でも構わないのでしょう。甘い言葉に惑われやすいのは、自分に軸がないから。他人からの評価が自分の評価になっているのかもしれません。

さみしがり

独りで何もできず、誰かといたい女性は不倫に夢中になりがち。ロマンティックな言葉や雰囲気に弱いのです。
しかし包容力や余裕のある若い独身男性はそういません。一方、既婚男性は言動に余裕があります。いざ不倫関係になるとたまにしか会えないのですが、一瞬の快楽に身を任せてしまうのでしょう。

ストレス発散の一部

既婚男性に夢中になる独身女性もいますが、ダブル不倫や、独身男性と不倫する既婚女性もいます。日常生活の中でストレスは少しずつ溜まるもの。蓄積したストレスを趣味などで発散するのがベスト。
しかしストレス発散方法がなく、不倫をはけ口にする人も。セックスだけでなく、悩みを理解してもらえると絆が深まるように。信頼関係ができあがると、不倫から抜け出せないようです。

恋愛に不満がある

恋人や結婚相手がいても、不倫に走る人もいます。恋愛や結婚生活に満たされないものを不倫で補おうとしているのです。たとえばセックスに不満があると、どこかで性欲を満たそうとします。
体を満たそうと不倫を続けてるうちに、心のつながりを求めるようになります。不倫する罪悪感よりも、満足感のほうが勝ってしまうのでしょう。

口が堅い

不倫に夢中になる女性は、口が固く誰にも不倫関係を打ち明けません。絶対にバレないように徹底するため、関係が長引きます。結婚相手や恋人に不倫を感じさせないように、ポーカーフェイスをするのも得意です。

一途

客観的に見れば、不倫は遊びの関係ですよね。しかし長く関係が続くほど、「いつか離婚して、私と一緒になる日が来るかもしれない」と将来を夢見てしまう人も。
恋愛の相手が既婚者であること以外、本人は純愛のつもりなのかもしれません。遊びと割り切っていれば不倫は長引きませんが、一筋な人ほど泥沼にハマりやすいようです。
結婚している人は、不倫のメリット・デメリットを踏まえてスタートしている人が多いです。すぐに離婚できるものではないことを知っておきましょう。

禁断の恋だからこそ、夢中になる?

不倫は社会的にも認められないこと。それでも禁断の恋を続けるのは、双方に問題がありそうです。いけないとわかっているから、やめられないのかもしれません。目の前の快楽だけでなく、長い目で自分の将来を考えてみましょう。
(番長みるく/ライター)



元記事で読む