1. トップ
  2. レシピ
  3. 手軽にプロテインチャージ!ギルトフリーなオーガニックプロテインチップス、管理栄養士のおすすめ4選

手軽にプロテインチャージ!ギルトフリーなオーガニックプロテインチップス、管理栄養士のおすすめ4選

  • 2020.9.18
  • 1641 views

低糖質低カロリーで高タンパク質。食物繊維と抗酸化ビタミンが豊富な「豆類」を使った「プロテインチップス」が登場

今、プロテインブーム。美容や健康に欠かせないプロテインは量だけでなく、質も重要。プロテイン動物性と植物性の2種類を揃えることが美しい筋力のある体への近道。

動物性たんぱく質はプロテインドリンクなどで比較的手軽に取りやすくなってきました。植物性たんぱく質を手軽なチップスでチャージできるのはうれしいですよね。

今のトレンドは、オーガニックの原料にこだわったビーンズ(豆)系

ビーンズ系のメリットは、食物繊維と抗酸化ビタミンが豊富なこと。これらの働きで消化がゆっくり行われ、腹持ちもよく、血糖値の急上昇を抑えるため、太りにくくなります。おまけに、アンチエイジングにも効果的。

バッキバキのマッチョな筋肉というよりも、「体をシェイプしながらほどよい筋力をつけたい」というボディメイクのトレンドにマッチ。

ビーンズプロテインのチップスは食物繊維が豊富な分、ザクザクとした噛み応えがあるのもうれしいポイント。ホットドリンクと一緒にとることで満足感がさらにアップします。

1・「大豆」畑の肉。大豆たんぱく質は筋肉の分解を抑制し、効率的な美ボディづくりに。

ビオクラ 大豆チップス
ビオクラ 大豆チップス あおさビネガー ¥197(税込)

国産大豆を主原料に、天然てんさい糖、鳴門の焼き塩使用、ごま、酢と、素材にこだわるノンフライのチップスシリーズ。グルテン、トランス脂肪酸フリー、化学調味料不使用の安心設計。
タンパク質の吸収力をアップするビタミンC、と豊富な海藻「あおさ」をミックス。大豆イソフラボンがコレステロール吸収を抑えつつ、酢が脂肪燃焼を助けてくれるので、効率的に美ボディ作りをしたい人におすすめ。また、適度な塩味は疲労回復のおやつに。

ビオクラ 大豆チップス トマトバジル
ビオクラ 大豆チップス トマトバジル ¥197(税込)

大豆プロテインは、プロテインの中でも老化による筋肉分解を食い止める効果があり、体や顔のラインのたるみ予防にGOOD。トマトはタンパク質と同時に摂取することで、さらに美の相乗効果を期待。リコピンは血糖値の急上昇を抑えて太りにくく。美白とアンチエジング効果にも一役。トマトのクエン酸やGABAは疲労回復とリラックス効果を与え、食欲をコントロール。後味さわやかなバジルの香りはイライラ予防に。

2・「緑豆」「グリーンピース」抗酸化のクロロフィルやカリウム豊富でむくみ予防にも。

ムソー
むそう 有機緑豆チップス 50g ¥281(税込)

天然の有機緑豆と塩だけでノンオイルノンフライで仕上げた、グルテンフリー&トランス脂肪酸フリーのチップス。1袋で1日に必要な食物繊維の3分の2がチャージできる優れもの。ホットティーと一緒に食べるとおなかいっぱいに!緑豆は、中国では薬膳豆として使われ緑色素のクロロフィルやエネルギー代謝促進のビタミンB群が豊富。有機緑豆ならではのフレッシュな香りはリフレッシュ効果も。

ムソー
むそう 有機グリーンピースチップス 45g ¥281(税込)

ほんのりやさしい甘さが魅力のグリーンピースチップス。豆の臭みが苦手な人でも食べやすいビーンズ系ビギナー向け。グリーンピースは、チップスの気になる塩分を体外へ排出してくれるカリウムが豊富。むくみ予防にも◎。

ライター/松田真紀
1972年兵庫県生まれ。管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。アスリートフードマイスター3級。女子栄養大学卒。自ら18才から15年以上20kgの体重増減、摂食障害に。苦しいダイエット生活の末辿り着いた、外食、コンビニOK!ラクして楽しむダイエットを提案。年間1000人以上のダイエットカウンセリング、企業や施設団体の講演など多方面で活躍中。著書『居酒屋ダイエット』(三笠書房)。趣味はトライアスロン、100kmウルトラマラソン、フルマラソン、全米ヨガアライアンス200習得中。

元記事で読む