1. トップ
  2. ダイエット
  3. そけい部リンパ節を刺激してむくみを一掃するポーズ|谷村奈南の巡りBODYヨガ♡

そけい部リンパ節を刺激してむくみを一掃するポーズ|谷村奈南の巡りBODYヨガ♡

  • 2020.9.18
  • 1454 views

脚のつけ根を伸ばし、そけい部リンパ節を刺激してむくみを一掃!

1日中、ヒールを履いて過ごした日などは、下半身にむくみを強く感じ、いつもより脚が太く見えることも。そんな時、心強い味方になってくれるのが、脚のつけ根のそけい部リンパ節を刺激するポーズ。リンパ節には老廃物をろ過する働きがあり、そこを刺激し活性化することで、リンパの流れがよくなり、むくみを解消しやすくなります。また、時にはプロの手を借りるのも、スッキリとした美脚を保つにヒケツ。ヨガを本格的に始めてからマッサージに行く機会は少なくなりましたが、ボディメンテナンスのためにも、足裏マッサージやアロママッサージなどを受け、自自分ではケアしきれない滞りを流すようにしています。

今回、ご紹介するのは、初心者ヨギも無理なくトライできるセツバンダアーサナ。お尻を持ち上げて脚のつけ根をしっかり伸ばすことで、そけい部リンパ節を刺激できます。夜寝る前に、ベッドの上などで、ぜひ試してみてください。(谷村奈南さん)

セツバンダアーサナ

目的と効果:脚のつけ根をストレッチし、そけい部リンパ節を刺激してリンパ液を流す。また、下半身の筋肉を強化し、血流を促進。ヒップップや腿裏、内腿の引き締め効果もある。

やり方

1.仰向けになり、両膝を立てる。足を腰幅に開いて内腿に力を入れ、かかとをお尻に近づける。

谷村奈南さん
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.足裏で床を強く踏み、恥骨をタックインするイメージで、お尻を床から持ち上げる。胸をあごに近づけて3〜5呼吸キープ。

谷村奈南さん
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

できる人は…肩甲骨を寄せて両手をお尻の下で組み、さらに胸を引き上げて3〜5呼吸キープ。
効果UPのポイント:膝を前に出すように意識すると、お尻が上がりやすく、前腿〜股関節をしっかり伸ばすことができる。

谷村奈南さん
photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…谷村奈南さん
2007年に歌手としてデビュー後、2008年に日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。CM、バラエティーなど多方面で活躍。2013年より芸能活動を休止中、自身の不調を機に心身のケアに興味を持ち、米国NTI公認ホリスティック栄養士の資格を取得。学びを深めていく中で瞑想の効果を強く実感する。本格的にヨガの学びを深めるため2018年半年間カリフォルニアに留学、音楽と瞑想の融合”Sound Bath”と出逢う。現在は会社を設立し、カウンセリング、ヨガ講師、企業研修など本来のWellnessを広めるべく活動は多岐に渡る。

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
styling by Motoko Kawano
model by Nana Tanimura
hair&make-up by SHIGE(HK PRODUCTIONS)
text by Minako Noguchi
pose instraction by Maya Hamada

元記事で読む