1. トップ
  2. 恋愛
  3. アラサー男性が「はやく結婚したい!」と思った瞬間ランキング

アラサー男性が「はやく結婚したい!」と思った瞬間ランキング

  • 2020.9.17
  • 22592 views

多数のメディアを見ていると、「女性ばかりが結婚に焦っている」と思われがちです。しかし、アラサー世代の男性も結婚願望はしっかりあります。
とはいえ、「何歳までに結婚したい」「あそこの式場で結婚式を挙げたい」など、結婚願望に対して具体的な女性に比べて、男性の具体的な結婚像は謎に包まれていますよね。結婚適齢期を迎えた男性は、どんなときに結婚したいと思うのでしょうか?
今回は、アラサー男性が日常生活でどんな瞬間に「はやく結婚したい!」と思うのか、ランキング形式でご紹介したいと思います。

第1位:周囲が結婚しだしたとき

「20代の後輩が結婚するらしい。今まで偉そうなこと言ってきたけど、家庭を持とうとして意気込んでいる姿がまぶしすぎて、もう何も言えない……」(33歳/物流)
「同級生たちが結婚しつつある。女性が結婚ラッシュに焦る感覚がはじめて分かった気がしました」(36歳/IT)
○女性と同じく、男性も周囲の結婚には焦るようです。この感覚は、職場の結婚率がかなり影響しているようで、結婚率の低いマスコミ関係者はあまり意識していないとのこと。

第2位:幸せそうな結婚話を聞いたとき

「嫁さんが超かわいくて、毎日ノロケる同僚がいる。こんな嫁さんなら、そりゃすぐにでも結婚したいよ」(30歳/サービス)
「友人の新婚家庭に招かれて以降、すごく結婚したくなった。具体的な結婚生活が今まで想像つかなかったから、考えたことなかったけど。あとは彼女が求める結婚式と現実との妥協点を探すのが、残すところいちばんのハードル(笑)」(31歳/広告)
○男性が考えるのは「結婚=家族を養う」。責任感も大きいので、躊躇してしまうのは当然ですよね。「結婚=幸せ」というイメージを植えつける必要があります。

第3位:病気になったとき

「久しぶりに高熱が出るほどの風邪をひいたとき。あんなに心細いとは思わなかったです。そこで、看病しにきた彼女に思わずプロポーズ。彼女は『私を何だと思ってるの!?』って怒ってたけど(笑)」(27歳/ウェブサービス)
「骨折をして入院してるとき暇だったので、今後の人生設計を考えてたら悲しくなってしまいました。病院のベッドの上ってかなりネガティブになってしまうんです。自由もいいけど、今年は人生の伴侶を探そうと決意しました」(29歳/飲食)
○ふだんは強がっていても、病気になると心細くなってしまうようです。彼をしっかり支えてあげられる存在になれば結婚は近いかも!?

第4位:両親が老けたとき

「久しぶりに帰省したら母親がすごく老けてて落ち込んだ。はやく孫を抱かせてあげなきゃいかんと思った」(30歳/エンジニア)
○「親孝行のために結婚する」という意見も多く聞かれました。やはり、家族を持ってこそ一人前という意識があるようです。

第5位:パートナーが欲しいとき

「家を守ってくれるパートナーとして妻が必要。今の彼女なら、財布を預けてもいいと思ったので」(28歳/人材サービス)
○男性は、とにかく結婚がしたいというよりも、相手によって結婚を考える傾向にあると感じました。

男の結婚願望を研究して、自分の婚活に活かそう!

女性と比べて、男性は結婚に対する責任が重く感じられることもあります。その分、あまり浮ついた結婚像はなく、安定感が第一の結婚像がふつうのようです。
恋愛と結婚は別物という意見も多く聞かれました。
婚活中の女性のみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね!
(yummy!編集部)



元記事で読む