1. トップ
  2. レシピ
  3. 美味しいのに美肌効果も!?焼くだけ簡単!鮭と野菜の塩麹バターソテー

美味しいのに美肌効果も!?焼くだけ簡単!鮭と野菜の塩麹バターソテー

  • 2020.9.17
  • 595 views

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。秋は旬の食材の宝庫!暑かった夏の疲れとお肌のダメージを修復する鮭をメインに、美味しさが詰まった秋野菜を旨味たっぷりの塩麹とバターでソテーします。素材の味を存分に楽しめるレシピです!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分 (漬け込む時間を除く)

鮭と野菜との塩麹バターソテーのレシピ

undefined
michill
材料(2人分)

A秋鮭…2切れ

A塩麹…大さじ1と1/2

Bさつま芋…60~70g(1cm幅の輪切り2枚)

Bかぼちゃ…70~80g(6~7mmの薄切り3枚)

Bれんこん…50~60g(6~7mmの薄切り4枚)

B赤またねぎ…60~70g(1cm幅の輪切り2枚)

Bエリンギ…1本

Bラディッシュ…2個

C小麦粉…適量(省略可)

C塩麹…大さじ1

Cバター…20g

C粗挽きブラックペッパー…適量

作り方

A 秋鮭を漬ける

undefined
michill

① 秋鮭の両面に、塩麹を薄く塗りラップで包んだら、冷蔵庫で1時間ほど寝かして味をなじませる。焼く前に20分ほど常温に置く。

B 野菜の準備をする

undefined
michill

② さつま芋、かぼちゃ、ラディッシュは半分に切り、エリンギは縦4~6等分に切るか手で裂く。

③ さつま芋とれんこんは、水をはったボウルまたは容器に、水を数回取り替えながら、5分ほどさらし、水気を拭き取っておく。

④ かぼちゃとさつま芋は、ラップに包み電子レンジ600wで3分加熱する。(硬い野菜は、電子レンジで予備調理をしておくと、早く焼けて時短になります。)

C 焼く

⑤ ①の秋鮭は、3等分または食べやすい大きさに切ったら、両面に茶こしを使って小麦粉をまぶす。(皮は、お好みで取り除いて下さい。小麦粉を振ってムニエルにすると、美味しさも逃がさず、また均等にこんがり焼けますが、省略は可能です。)

⑥ 熱したフライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、鮭の皮目から入れ中弱火で2分ほど焼いてから裏返す。更に1分半から2分焼いて、一旦取り出す。(鮭の大きさや厚みによって、焼き時間を調節して下さい。)

undefined
michill

⑦ フライパンの余分な油をキッチンペーパーで拭き取ったら、れんこんと赤玉ねぎを入れて中弱火で焼き、まわりが透明がかってきたら裏返す。エリンギとラディッシュを加え、しんなりするまで焼く。

undefined
michill
undefined
michill

⑧ ④のさつま芋とかぼちゃ、⑥の秋鮭を加えたら、塩麹とバターを加え、さっと炒める。

undefined
michill

⑨ 皿に盛り付けたら、粗挽きブラックペッパーを振って、出来上がり。お好みで、ハーブを添えます。

ハーブは春に続き、秋にも旬を迎え、香りも良いのでおススメです。

基本の味付けは、塩麹のみなので、ご飯に合います。塩麹もバターも同じ発酵食品同士で、相性も良いですよ。

わが家では、おにぎりと一緒に鮭と野菜との塩麹バターソテーを頂きました。お好みの野菜を使って、お家で秋の食材を楽しんでみて下さいね!

元記事で読む