1. トップ
  2. 磯村勇斗演じる依頼者のエピソードに反響…増田貴久主演「レンタルなんもしない人」10話

磯村勇斗演じる依頼者のエピソードに反響…増田貴久主演「レンタルなんもしない人」10話

  • 2020.9.17
  • 5446 views

「NEWS」増田貴久主演「レンタルなんもしない人」の10話が9月16日深夜オンエア。今週は磯村勇斗と春日俊彰がゲスト出演。重苦しいストーリーに「辛い」という感想があがるなか、酔って眠るレンタルさんに「可愛い」という声が寄せられている。

「なんもしない人(ぼく)を貸し出します。」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます。」という“レンタルなんもしない人”…この実話を書籍化した「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」(晶文社刊)をドラマ化した本作。

レンタルなんもしない人を始めた森山将太=レンタルさんに増田さん。将太の妻・沙紀に比嘉愛未。仕事でミスして部署異動した神林勇作に葉山奨之。路上で雑誌を売りつける謎のホームレス・金田に古舘寛治。今回は磯村さんと春日さんがゲスト出演した。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

今回はレンタルさんの元に滝口誠(磯村さん)から「自分以外の生物がいる状態の自分を確認したい」という不思議な依頼が舞い込む。滝口の家で食事を作ってもらい一緒にお酒を飲むレンタルさん。すると滝口は話を聞いてほしいと言い出し、少年時代に殺人を犯し少年院に入っていたと衝撃の告白をする……というストーリーが展開。

これまでのゆるやかなストーリーとは打って変わった重い物語に「辛すぎて眠れない。実話でないことを願うけど実話っぽくて悲しい」「今回のレンタルなんもしない人は見るの辛いところもあった」などといった感想が。

そんななか、滝口から酒を勧められ飲んだ後、眠くなって部屋で横になるレンタルさんの姿に「レンタルさん酔っちゃうとことか、その後ボーッとしてるとこが可愛い」「酔ってるレンタルさんめっちゃ可愛かったんだけど」といった反応も。

またオープニングでボディビルダーの依頼者役で出演した春日さんが、エンディングに再び登場。春日さんの姿に思わず笑いそうになる増田さんに「最後の春日さんと目が合って堪えきれずに笑いを隠してうつむくレンタルさんめちゃめちゃ面白い」などの感想が寄せられている。

元記事で読む