1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『マッドメン』ジョン・ハム、ボーンシリーズ脚本家の政治スリラー映画に主演!

『マッドメン』ジョン・ハム、ボーンシリーズ脚本家の政治スリラー映画に主演!

  • 2015.5.11
  • 644 views

1960年代の広告業界を描いた人気ドラマ『MAD MEN マッドメン』で主人公ドン・ドレイパーを演じたジョン・ハムが、脚本家トニー・ギルロイの政治スリラー映画『High Wire Act(原題)』に主演する契約を交わしたと英The Guardianが伝えている。

undefined

【関連記事】政治モノといえばこちらも!『スキャンダル 託された秘密』新シーズンで超ヒートアップ!

ギルロイは、マット・デイモン主演のスパイ映画『ボーン・アイデンティティー』などボーンシリーズの脚本を手がけたことでも有名。また、ジョージ・クルーニー主演の映画『フィクサー』では、アカデミー賞の監督賞と脚本賞にノミネートされた経験を持つ。

『High Wire Act』の舞台は80年代。ジョンが演じるのは、レバノンの首都ベイルートに駐在する米外交官で、自分の家族を死に至らしめたと覚しきグループの手から、かつての同僚を助けるという。

同作の監督を担うのは、映画『マシニスト』(クリスチャン・ベイル主演)や『ザ・コール [緊急通報指令室]』(ハル・ベリー主演)ほか、ドラマ『FRINGE/フリンジ』や『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』など数多くの注目作でメガホンを握った、ブラッド・アンダーソン。

ギルロイは、かねてからアンダーソンとの映画製作を熱望していたといい、ジョン・ハムが主演することを非常に嬉しく思っているとのこと。同作の脚本には思い入れも強いようで、「自分にとって大きな意味を持つ脚本がプロジェクトで始動するのが待ち遠しい」と語っている。

加えて、アンダーソンは、同作の脚本は「(スパイ小説で知られる)ジョン・ル・カレの作風に通じるところがある」といい、つまり"政治的な陰謀"や"裏切り"といった要素も織り込まれていると明かしている。

人気脚本家のスリラー映画に主演が決まったジョン。今後のさらなる活躍に期待したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョン・ハム
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net