1. トップ
  2. グルメ
  3. 話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」

話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」

  • 2020.9.13
  • 808 views

産みたてのたまごや酒粕などこだわり抜いた素材で作るパンが話題の「foodscape!(フードスケープ )」。全国で幅広く活躍する料理開拓人こと、料理研究家の堀田裕介さんが、今までに出会った食材や生産者さんの想いを拡めるべく、初めて開いたお店です。

話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
福島駅から徒歩1分。梅田からも徒歩圏内の好立地
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
お店の看板はCHALKBOYさんによるもの

大阪・阪神線福島駅から徒歩1分。都会の喧騒を離れ、こだわりのカフェやお店が集まった過ごしやすい場所にあります。お店は、「foodscape!」とかかれた看板が目印。白を基調としたスタイリッシュな外観。通りに面したガラス窓からは、多種多様なパンがズラリと並ぶ様子が見え、香ばしい匂いが漂ってきます。

クリエイティブなセンスが光る店内
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
2Fイートインスペースの奥にはアトリエキッチンも

イートインスペースは1F・2Fあわせて18席。ガラス越しにキラキラと光が差し込む店内で、ゆっくりとパンを味わうことができますよ。

1F壁のペインティングは、美術作家・植田志保さんによるもの。多彩な色で、白を基調とした店内をやさしく彩っています。2Fにあがる階段の途中には、チョークアートで有名なCHALKBOYさんの絵も。アトリエキッチンがある2Fは、ナチュラルで落ち着く空間です。

シンプルながらオリジナリティ溢れるパンが並ぶ
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
ベジテラスバンビの無農薬野菜は毎月第一月曜日にお店でも販売

パンは、ハード系から惣菜パンまで45種類。堀田さんが全国で知り合った生産者さんの食材を使ったオリジナルパンがずらりと並びます。

滋賀・冨田酒造の酒粕を使用したパンや、滋賀・みたて農園の米粉を使用したパン、Vege terrace BAMBI(ベジテラスバンビ)の無農薬野菜を使ったパンなど。ここでしか出会えない味をどうぞ。

イートイン限定・3種のモーニングセット
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
あんバタートーストモーニング(820円)

平日のみ10食限定だったモーニングセット。一時は提供を中止していましたが、今年の7月から休日もオーダーできるようになり、提供時間も延びて8:00-11:00に。さらに、「厚切りトーストモーニング」・「あんバタートーストモーニング」・「フレンチトーストモーニング」の3種類に増えて再登場しました。全てのモーニングにサラダとドリンクがついたお得なセットです。

一番人気は「あんバタートーストモーニング」。
トーストは、独自製法でお餅のようにモチモチした食感と甘みを引き出した「熟成湯種食パン」。噛めば噛むほど小麦の香りが広がります。別添えの有機のつぶあんと北海道産無塩バターも絶品。フルーティーであっさりした味わいの「小川珈琲」の豆を使ったアイスコーヒーが、あんバタートーストと相性バッチリです。

話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
ことりっぷ

イートインスペースには、バルミューダのトースターが置いてあります。
お好きな焼き加減で、焼き立ての味わいをお楽しみください。

産みたての「さくらたまご」を使ったサンドイッチ
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
ことりっぷ

2Fのベランダでは、淡路島・北坂養鶏場さんから譲り受けたニワトリが2羽。オープン当初からお店で育てているそうですよ。産みたての新鮮な「さくらたまご」を、サンドイッチやモーニングで提供しています。

話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
さくらたまごのたまごサンド(520円)

今回いただいたのは「さくらたまごのたまごサンド」。厚切りカットした食パンに、たまごサラダやハムとゆでたまごを挟んだボリューム満点の一品です。「さくらたまご」は、きれいなオレンジ色をした濃厚な黄身が特徴。新鮮なたまご本来の味を活かしたやさしい味わいのサンドイッチです。

もちもちの新食感♪農園の米粉を使った「こめこっぺ」
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
こめこっぺ(200円)

滋賀・みたて農園のコシヒカリの米粉をふんだんに使った「こめこっぺ」。
葉っぱの形をした素朴なパンですが、噛めば噛むほどモチモチした食感とお米の甘みがクセになります。

シンプルに、トーストしてバターを付けて食べるのがおすすめ。そのまま食べてもおいしいですが、トーストすると外はカリカリ、中がもっちりしてまた違った味わいに。

酒粕の風味がふわっと香る「甘酒パン」
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
レーズンとクリームチーズ(180円)」

滋賀・冨田酒造の酒粕を使用したパンも人気。冨田酒造は、室町時代に創業した歴史ある酒蔵です。

「酒粕が苦手な方でもおいしく食べられます」と、店長の三浦さん。
中でもお店のスタッフイチオシは、「レーズンとクリームチーズ」だそう。ほのかに酒粕が香るもっちりした生地の中で、有機レーズンとクリームチーズがやさしいハーモニーを奏でています。

農園の米粉とたっぷりのバターで仕上げた「クロワッサン」
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
クロワッサン(180円)

フードスケープのクロワッサンは、滋賀・みたて農園の米粉を使用。さらに卵不使用で仕上げ、たっぷりのバターを生地に練りこんでいます。
米粉を使うとモチモチするイメージがありますが、研究を重ねてザクザクした食感に。一つひとつの層がしっかりして、食べ応えもあるので朝ごはんにぴったりです。

訪れるだけで幸せな気分になれるベーカリー
話題の料理開拓人が手がけるやさしい味わいのパンを/大阪・梅田「foodscape!」
笑顔が素敵な店長の三浦さんとスタッフの皆さん

今年の6月で5周年を迎えたという「foodscape!」。
店長の三浦さんが、「今後は幅広い客層のお客様に楽しんで頂けるよう、新しい種類のパンをもっと増やしていきたい」と教えてくれました。現在は新しいパンの試作中。パンのレシピは、製造スタッフだけでなく販売スタッフも一緒に考案しています。お店のスタッフは生粋のパン好きが集まっていて、休みの度にパンの食べ歩きをして研究しているそう。「foodscape!」のパンは、生産者さんの想いとお店のスタッフの愛情が加わって、忙しない生活の中に、ほっと一息つく時間を与えてくれます。

今回ご紹介したモーニングの他に、6月より始まったランチセットや、テイクアウトも人気です。お店でもおうちでも、想いが詰まったやさしいパンで、気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

元記事で読む