1. トップ
  2. 家計が厳しいときはコレ! 節約食材・とりむね肉のメイン5選

家計が厳しいときはコレ! 節約食材・とりむね肉のメイン5選

  • 2020.9.12
  • 1005 views
「とりむね肉のドミグラス風」 料理:藤井恵 撮影:木村拓
「とりむね肉のドミグラス風」 料理:藤井恵 撮影:木村拓

【画像を見る】一品で満足できる優等生♪ 家計の味方「とり肉のみそ豆乳鍋」

夏の間は休日も多く、いろいろと出費がかさんでしまうもの。できるだけ食費を節約したい…という人のために、今回はリーズナブルなとりむね肉を使ったメインを5つご紹介していきましょう。ボリューム感のあるメニューばかりなので、食いしん坊の子どもがいる家庭にもうってつけですよ。

とりむね肉のドミグラス風

【材料・2人分】

とりむね肉 1枚(約250g)、にんじん 1/3本、スナップえんどう 10個、ドミグラス風だれ(おろしにんにく 小さじ1/2、トマトケチャップ 大さじ3、中濃ソース、酒 各大さじ1、オイスターソース 大さじ1/2)、えごま油またはアマニ油 小さじ2、塩、こしょう

【作り方】

1. にんじんは1cm厚さの輪切りにする。とり肉は全体をフォークで刺して6等分のそぎ切りにし、塩、こしょう各少々をすり込む。

2. 耐熱皿の中央に、にんじん、スナップえんどうをのせ、まわりにとり肉を置く。ドミグラス風だれの材料を混ぜてとり肉の上にかける。ふんわりとラップをかけ、電子レンジで約6分加熱し、そのまま約2分蒸らす。

3. とり肉にたれをからめて器に盛り、野菜を添える。えごま油またはアマニ油をかける。好みで粗びき黒こしょうをふっても。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

◆お料理メモ

<レンチン料理をおいしくするコツ>

コツ1.しっかり味つけで食べごたえアップ

肉にしっかり味つけ。料理の味がピタリと決まり、ヘルシーなのに食べごたえ満点。

コツ2.野菜にうまみを移す

肉を野菜に重ねて加熱し、うまみを生かす。仕上げに約2分蒸らすとやわらかく仕上がる。

コツ3.後がけオイルでコクうまに!

仕上げにオイルをかけて、コクをプラス。ダイエットレシピとは思えない満足感!

(235Kcal、塩分2.8g)

電子レンジだけでパパっと調理できるお手軽レシピ。ドミグラスソースは手間がかかるイメージがあるかもしれませんが、自宅にある調味料で簡単に用意できます。トマトケチャップをベースに、中濃ソースやにんにくを加えて混ぜ合わせましょう。

とりむね肉の和風ピカタ

味の決め手は卵液に混ぜた削りがつおと粉チーズ。風味とコクがプラスされて、奥深い味わいになります。

【画像を見る】大根おろしを添えてさっぱり!「とりむね肉の和風ピカタ」 料理:笠原将弘 撮影:日置武晴
【画像を見る】大根おろしを添えてさっぱり!「とりむね肉の和風ピカタ」 料理:笠原将弘 撮影:日置武晴

とり肉といんげんの南蛮煮

とり肉に片栗粉をまぶしてから火を通すことでしっかりと味がからみます。いんげんは歯ごたえを残すために最後に加えましょう。

「とり肉といんげんの南蛮煮」 料理:吉田愛 撮影:澤木央子
「とり肉といんげんの南蛮煮」 料理:吉田愛 撮影:澤木央子

とり肉とエリンギのケチャ炒め

子どもが好きなケチャップ味の炒めもの。さっと炒め合わせるだけで作れるので、忙しい日にも活躍してくれますよ。

「とり肉とエリンギのケチャ炒め」 料理:関岡弘美 撮影:澤木央子
「とり肉とエリンギのケチャ炒め」 料理:関岡弘美 撮影:澤木央子

とり肉とにんじんのトマト煮

煮込みと仕上げの2段階で粉チーズを使用するのが、おいしく仕上げるコツ。お好みで粗びき黒こしょうをふってスパイシーに仕上げても◎

「とり肉とにんじんのトマト煮」 料理:井原裕子 撮影:木村拓
「とり肉とにんじんのトマト煮」 料理:井原裕子 撮影:木村拓

とり肉はほかの肉類より水分が多く、いたむのが早いので買ったらすぐに冷蔵庫に入れましょう。2~3日を限度になるべく早く使いきってくださいね。

文=田中律

元記事で読む