1. トップ
  2. グルメ
  3. サツマイモの美味しいを発見するならここ!大阪・梅田「蜜香屋 BATATAS」(バタータス)

サツマイモの美味しいを発見するならここ!大阪・梅田「蜜香屋 BATATAS」(バタータス)

  • 2020.9.11
  • 3260 views

<大阪発>中崎町で行列ができる焼き芋やお芋スイーツの「蜜香屋」が、梅田エストに新しく”サツマイモ”の特別な「美味しい」を発見できる場所として「蜜香屋 BATATAS」(ミッコウヤ バタータス)をオープンしました。オーナーさんのこだわりが沢山詰まったメニューが楽しめます。

IMG_E3434
出典:リビング大阪Web

「蜜香屋 BATATAS」 2020年8月19日(水)、梅田エストの環状線高架下レストラン街にオープンしました。

サツマイモのフロンティア

「蜜香屋 BATATAS」のメニューには全てにサツマイモが使われています。サツマイモは我々が思っているより、もっとイマジネーションにあふれているというオーナーさん。

元々肥料のお仕事をされ土作りにも精通されています。既成概念にとらわれる事なくサツマイモの世界と可能性を広げておられます。

安納芋、金時ほか様々なサツマイモは契約農家から直送されます。メニューにより、使うサツマイモも違います。スイーツはもちろん、餃子、ガレット、ソーセージ、そしてビールやカクテルなど様々な姿に形を変えた美味しいサツマイモと出会えるお店です。

ランチ
IMG_3259
出典:リビング大阪Web

ハマノガバオ(スープ・ドリンク付)1500円(税込)

IMG_3268
出典:リビング大阪Web

ライスにはゴロゴロ~フックラ~そんなサツマイモが沢山入り、エスニック料理でありながらサツマイモの甘さも口の中に広がります。メニュー名に「ハマノ」が付いているのはスタッフさんのお名前だそうです。そんなアットホームな温かい雰囲気のお店でもあります。

IMG_E3394
出典:リビング大阪Web

スープは煮込まれた干しエビや野菜がペースト状になり、フレッシュトマトはカットされて入っています。ジューシーなフレッシュトマトの奥の深いスープです。器は美濃焼が使われ、器も楽しめます。

飲んでみたい珍ドリンクメニュー
IMG_E3405
出典:リビング大阪Web

「蜜香紅茶」(セットドリンク)

店名と同じ名前の台湾のお茶です。蜜のような甘い香りが楽しめます。甘い香りを出すためにウンカという虫に茶葉を噛ませるそうで、そんな希少価値の高いお茶が楽しめます。オーナーさんは肥料や微生物にも詳しく、沢山の引き出しをお持ちです。

ドリンクメニューにもありますので、ランチ以外でも注文できます。

ほかにもランチのセットドリンクで気になるものが沢山!やきいものための牛乳、芋蜜コーラ、芋蜜ジンジャーエール、芋蜜ジンジャーティほか、芋ドリンクを制覇してみたいです。

IMG_E3376
出典:リビング大阪Web
昼は「焼き芋喫茶」夜は「焼き芋酒場」

二つの顔が楽しめる「蜜香屋 BATATAS」。

IMG_E3385
出典:リビング大阪Web

バタータスエール 750円(税込) 箕面ビールと一緒に作った芋ビール「バタータスエール」です。 ほんのりお芋の甘い香りがします。く~美味しい!

シードルも樽詰めで、サーバーから注いでくれます。ほかにも芋のアルコールやノンアルコールも楽しめます。

IMG_E3310
出典:リビング大阪Web

イモプリン・ア・ラ・イモード 900円(税込) 「イモプリン・ア・ラ・イモード」のテーマは純喫茶。美味しい安納芋の産地、種子島をイメージした南国風に仕上げられています。プリンは懐かしい玉子たっぷり味で、水分多めのシルクスイートや紅はるかが使われています。果物は季節毎に変わります。スタッフさんが買い付けに行かれたタンザニアのチョコも入っています。

左の青色クッキーはBATATASの”B"、角が削られているのは微生物がかじったというユーモアがモチーフになっています。スタッフさん達も同じロゴのTシャツを着用、表の看板もロゴが書いていますのでご覧ください。左の青色のクッキーは藍染の藍を使って色付けをされました。ここにもオーナーのこだわりが光っています。

IMG_E3346
出典:リビング大阪Web

2階は種子島の波をモチーフに職人さんが仕上げました。 耳を澄ませば、波の音が聞こえてきそうです。

IMG_E3353
出典:リビング大阪Web

トイレの天井は青い空をイメージ、こちらの天井には徳島のガラス職人さんの作品であるガラスの電球が異次元へ誘ってくれているようです。このまま種子島にワープしたい私です。

IMG_3247
出典:リビング大阪Web

沢山の引き出しをお持ちのオーナーさん

人とのつながりを大事にされている自然体の素敵なオーナーさんだから、こだわりのサツマイモの世界も大きく広がっていかれるのでしょうね。サツマイモのツルはまさにオーナーさんの冒険心。こだわりと言う肥料を含ませながら、異次元の美味しいイモ世界へまだまだ伸びていかれる事でしょう。

店内はサツマイモの中をイメージ。床などもまさにサツマイモの中(笑)。清潔感あふれるサツマイモの世界、ここでしかない出会えない美味しいサツマイモの世界を楽しんでください。

蜜香屋 BATATAS(ミッコウヤ バタータス) 住所:大阪市北区 角田町3-25、梅田エストE26 電話番号:06-6110-5003 営業時間:11:00 ~22:00(L.O.21:30) 定休日:エストに準ずる

元記事で読む