1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュラー オブ ヨシオクボ 2015年秋冬コレクション - 北極圏の暮らしがヒント

ミュラー オブ ヨシオクボ 2015年秋冬コレクション - 北極圏の暮らしがヒント

  • 2015.5.10
  • 1192 views

ミュラー オブ ヨシオクボ(muller of yoshiokubo)の2015-16年秋冬コレクションが発表された。北極圏の美しい自然やライフスタイルにインスピレーションを得て、エレガントなレディスタイルを描いている。

白銀の世界を想起させるアイボリー、流氷みたいなブルー、土や木々をイメージさせるベージュやグリーン、満点の星が広がる夜空のようなネイビー。丁寧に選ばれた色彩が、コレクションを築いていく。キャンバスに絵の具をそっと置くように描かれた抽象的なモチーフは、光沢感のある素材をセレクトすることで、華やげな表情を見せ、ぐっと心を掴む。

全体としては、通常のシーズンより、ちょっとだけ長めのレングスをキープ。ツイードスカートもウールのドレスも、膝をすっぽりと覆い、上品なムードを醸し出している。その中で、スエードのワンピースにプリーツスカートを重ねた、新鮮なコーディネートが登場。夏の思い出が詰まったスカートに、温かなウェアを羽織った着こなしは、生活感が溢れ、今季のスタイルを体現しているよう。

レイヤードといえば、今季は異素材の組み合わせがムード。特にアウターはバリエーション豊かだ。ツイードとモヘア、ニットとモヘア、ダウン素材とウール。斬新な発想でさまざまな素材をドッキングしていく。身頃は少し大きくとり、上に重ねるのではなく“中に着こむこと”を提案。取り外しができるキルティングインナーを忍ばせたトレンチコートも揃い、季節にあわせたコーディネートの楽しみを教えてくれる。

今季は、民族衣装のように、フリンジやトライバル柄をあしらった個性的なアイテムと、スタンドカラーシャツやストレートのトラウザーなどのシンプルなアイテムが共存している。それだけでなく、2way3wayでアレンジが楽しめるものもラインナップした。ライフスタイルに合わせて洋服を選ぶのではなく、洋服自らが着る人の生活に添う。そんなファッションの新たな可能性を指し示すコレクションだった。