1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【火星逆行注意報】9月10日~11月14日の注意点 牡羊座・獅子座・射手座は空回りにご用心!

【火星逆行注意報】9月10日~11月14日の注意点 牡羊座・獅子座・射手座は空回りにご用心!

  • 2020.9.10
  • 47933 views

9月10日、牡羊座で火星が「逆行」します。逆行とは、惑星が逆向きに進んでいくように見える現象で、逆行中は惑星が司る事柄や滞在するサイン、ハウスのテーマに問題が起きやすくなります。

<今回の火星逆行>
火星は意欲や行動力といった前向きなパワーを与えてくれる惑星なので、逆行中はパワーが方向性を見失い、スムーズな行動ができなくなる可能性があります。しかも、今回はフロンティアスピリットを意味する「牡羊座」での逆行。物ごとに挑戦する意欲が失われたり、逆に意欲が暴走したりといったことが起こりやすい予感です。

逆行は11月14日まで、約2カ月間続きます。あなたにはどんな影響が出るのでしょうか? 12星座別の逆行注意報をお届けします。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……意欲の空回りにご用心!
「意欲のハウス」で火星が逆行するため、前向きな意欲がストレートに出なくなる、逆に意欲が出すぎて空回りしてしまう、といったことが起こる可能性があるときです。独りよがりになりやすい、八つ当たり、といった暗示もあるので、周囲に迷惑をかけないように注意しましょう。

・牡羊座……「思い立ったら即行動」の牡羊座ですが、この時期は自分でブレーキをかけてしまい、うまく行動を起こせなくなりそう。慎重になるのはいいことですが、そのせいでイライラするのはNG。気分転換を心がけましょう。

・獅子座……何か新しいことをやってみたい、と意気込みだけは募るものの、妙な用心深さも出てきて、なかなか前に踏み出せないときです。二の足を踏んで自己不信に陥るより、少しずつでもチャレンジしてみるといいでしょう。

・射手座……創造的に生きたい気分が強まっているものの、どうすればいいのかわからくなるなど、方向性を見失いがちなときです。自分にダメ出しをしてしまうときは、自分の好きなことや今やりたいことに集中するといいでしょう。

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……感情の取り扱いにご注意を!
「感情のハウス」で火星が逆行するため、感情がくすぶって、不完全燃焼を引き起こす可能性がある時期です。フラストレーションをため込むと、自分の内面を傷つけてメンタル不調に陥ったり、他者への攻撃につながったりする危険性が出てくるので要注意です。

・牡牛座……過去のあれこれが行動のモチベーションになりやすいとき。それが怒りの再燃であったりすると、復讐の鬼になってしまうかも。マイナスの感情に振り回されないよう注意しましょう。ある種のやり直しがかなう時期でもあります。

・乙女座……心に火種を抱えやすいときです。こまめに発散していかないと、あるとき大爆発を起こしてしまう可能性があるので用心しましょう。特に対人関係の不満は、ため込まないことが大切です。シリアスに考えすぎないように。

・山羊座……気持ちが内向することで、自分自身を追い詰めてしまうかもしれません。あるいは、身近な人にイライラをぶつけてしまう可能性もあります。感情の暴走を食い止めるためにも、自分を客観視する冷静さを保ちましょう。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……人付き合いに要注意!
「コミュニケーションのハウス」で火星が逆行するため、人付き合いにおけるトラブルに注意したいときです。独断専行、あるいは優柔不断な言動に気をつけてください。行動するときは周囲に配慮する気持ちを持つことが大切です。人には誠実であることを心がけましょう。

・双子座……仲間との足並みをうまく揃えられなくなりそう。こんなときは無理に頑張ってもロクなことはないので、自分のできることに集中するといいでしょう。要所要所で協調性を見せていくと、問題が大きくなることもないはずです。

・天秤座……恋人、結婚相手、仕事上のパートナーといった人との関係がうまく進まないときです。いつも以上に優柔不断になりやすく、問題がこじれたり、関係が複雑化したりすることも。割り切った行動を心がけて吉です。

・水瓶座……友達やきょうだい、ご近所さんとの間で問題を抱える可能性があるときです。腹が立つこともありそうですが、攻撃するのはよくありません。「柳に風」で受け流すようにしていると、やがて沈静化するでしょう。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……仕事の取り組み方に気をつけて!
「仕事・経済のハウス」で火星が逆行するため、働き方やお金の扱い方に問題が生じる可能性があります。昼夜を問わずやみくもに働いてしまう、あるいは、やる気が湧かずにだらけてしまう、といった状況に陥ってしまうかもしれません。散財の衝動にも駆られやすいので要注意です。

・蟹座……仕事で結果を出したいと孤軍奮闘してしまいそう。頑張るのはいいことですが、頑張りすぎると身体を壊したり、燃え尽きたりする危険性が出てきます。プライベートも犠牲になるので、大切な人を悲しませてしまうことも。ほどほどを心がけましょう。

・蠍座……細かいことに情熱を注いで、全体を見失ってしまう可能性があるときです。人に対しても、揚げ足取りのようなことをしてしまうかもしれません。視野が狭くならないよう、できるだけ大きな見地に立つよう心がけるといいでしょう。

・魚座……「貯めたい、だけど使いたい」のジレンマに陥りそう。金銭感覚に乱れが生じやすくなっているので、大金を散財してしまうこともありえます。欲得に振り回されないよう、平常心を意識することが大切です。

注意報を心にとめて、逆行期間を有意義なものにしていきましょう!
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む