1. トップ
  2. 恋愛
  3. 性格が悪い女性のほうが、むしろモテる?男目線で理由を説明しよう

性格が悪い女性のほうが、むしろモテる?男目線で理由を説明しよう

  • 2020.9.8
  • 26956 views

【オレ様リーマンの非ジョーシキ恋愛入門209】

約半年間、爆速でフッたりフラれたりを繰り返した必死すぎる婚活経験を生かして、なぜか上から目線で本音の恋愛論を語ります。ちなみに普段は、どこにでもいそうなただの30代リーマン。

あなたの周りにもいるのではなかろうか?性格が悪いのに、なぜかモテる女性が。

性格がいい人がモテるのならわかるが、性格が悪いのにモテるのは不思議かもしれない。

だが男のオレにはわかる。

性格が悪い女性のほうが、むしろモテることがね。

人によっては不快な話かもしれない。でも、あなたにもきっと参考になるであろう話もするので、ぜひ最後まで読んでほしい。

抽象的に話してもわかりにくいので、具体例をあげて説明していこう。

■男に媚びたほうがモテる

男に媚びる女。

いるよねぇ。女性の前だとそうでもないのに、男の前だとやたらと楽しそうに、媚びを売ってる女。

女性からするとイラッとするかもしれない。だが男からすると、はっきり言って、媚びられたらうれしい。

話すとき、楽しそうにしてくれたらうれしい。お世辞でも、ほめられたらうれしい。

うすうす媚びられているとわかっていても、喜びは隠せない。ともすると、好きになってしまったりもする。まぁ、男なんてそんなもんである。

■人によって態度を変えたほうがモテる

人によって態度を変える女。

いるよねぇ。タイプの男を前にするといい子ぶるくせに、どうでもいい男相手だと、人が変わったかのように冷たい。

人としてどうなの、そういうの?オレもそう思う。良くないよね、人として良くない。

でも、自分が持ち上げられてるほうだったら、正直うれしい。

他の男と話すときはつまらなそうにしてるのに、自分と話すときだけは楽しそうにしてくれる。明らかに自分だけ特別扱いされてる。

これはうれしいよね。

なんなら「ちょっと誘ってみようかな?」とか思っちゃうよね。やっぱり、男なんてそんなもんである。

■女友達との付き合いが悪いほうがモテる

彼氏がいないときはやたらと女友達と遊びたがるくせに、彼氏ができるとすぐ女友達との付き合いが悪くなる女。

いるよねぇ。友達をなんだと思ってんだろうねぇ。

もうだんだんわかってきたと思うけど、友達との約束より自分とのデートを優先してくれたほうが男としてはうれしい。

なんなら「そんなにオレのことが好きなんだな」って、調子に乗っちゃうよね。

ただまぁ、これはお互いさまと言うかね。

逆の立場で考えてみてほしい。彼氏が、自分とのデートより友達との約束ばっかり優先してたら、イヤでしょ?

恋愛してるときは、相手にとって自分が一番でいたいよね。程度の問題ではあるけどね。

■言いたいことを言ったほうがモテる

何でもかんでも、言いたいことを言っちゃう。ともすると、明らかに失礼なこととか、自己中なことも言っちゃってる。

いるよねぇ。もうちょっと、人のことも考えてほしいよね。

今回はオレもそう思う。でも、言いたいことを言っちゃうのは、恋愛においてはそんなに悪くないとも思うんだよね。

例えばデートのときに「どこか行きたいところある?」って聞いても、変に気を遣って「どこでもいいです」とか言われるより「××は絶対行きたくない!〇〇に行きたい!」とはっきり言ってくれたほうが、プランは立てやすいよね。

デート中、嫌われないように無難な話しかしない人より、はっきり自分の意見を言ってくれたほうが、親しみやすい可能性は高いよね。友達付き合いとか考えてもらったらわかると思うんだけどね。

程度の問題ではあるけど、ある程度、言いたいことが言える女性はモテると思う。

もちろん、何でもかんでも言っていいって話ではないので、そこはお間違いなく。

■モテる女性から学ぼう!

冒頭にも言ったように、人によってはイラッとする話もあったかもしれない。でも「言われてみればそうかも…」って思うところもあったと思うんだよね。

オレは別に、あえて性格を悪くしろって言いたいんじゃないんだよ。

性格が悪いように思えても、学べるところはあるんだ。それを少し取り入れてみるのもアリなんじゃない、と言いたいんだよ。

モテる女性から学ぼう。

事実モテてる以上、何かしら学べることはあるから。

ライタープロフィール
オレ様リーマン
「32歳で結婚する人に出会う」と占い師に言われたことをきっかけに、婚活と名の付くものは片っ端からやってみて、約半年で運命の女性と出会うことができたアラサーリーマン。膨大な婚活経験を生かして、本音の恋愛論を語ります。

元記事で読む