1. トップ
  2. 恋愛
  3. 暑くてイライラ? 男性に言ってはいけない、夏のNGワード

暑くてイライラ? 男性に言ってはいけない、夏のNGワード

  • 2014.7.25
  • 436 views

35度を超える “猛暑日”。そんな暑さが2~3日が続くだけで、つい恋人との喧嘩もヒートアップしてしまうなんてこと、結構あるのでは?「夏は好きだけど、暑いのはイヤ!」という声、割合多く耳にしますよね。

画像:(c)blanche - Fotolia.com

ただでさえベトつく汗にイラッとしてしまいがちなのに、横からこんなことを言われたら…男性の皆さんの眉間に皺が寄ること間違いナシ!? 今日は、恋愛ライターゆきちが20~30代男子50人に聞いた「夏に言われてイラッとしたことのある台詞」についてご紹介していきましょう。

■「暑い! 遅い! つまらない!」

出ました、女子特有のワンセンテンス文句。男性からすると、「たった一言なのに、こんなにもムカつかせる彼女がすごいとさえ思う」なんてとってもマイナスな言葉だということを、どうかお忘れなく。

中でも夏に多く見られるのがこの3単語なんだとか。「暑い」のは皆同じこと…にも関わらず自分だけがツライような顔をしたり、しちゃっていませんか? そんな中、ほんの5分遅れただけで「遅い」のぷんぷん顔。さらには、夏らしいイベントに足を運んだとて「つまらない」なんて言われたら…彼氏もキレちゃう5秒前と言えそうです。

■「なんでこんなこともできないの?」

また、これは普段から“言われて嫌な言葉”の中に入っているそうですが、「海やBBQなどイベント現場で『男らしいところを見せよう』と頑張った結果、そう言われて愕然」との意見が。「できないところじゃなく、できるところを見て欲しい」のが男心と言えるのではないでしょうか。

女性の皆さん、自分が言われて嫌なことは言わないよう、どんなに思ってものみ込んで!

■「私と○○、どっちが大切なの?」

そして最後が定番のこの発言。楽しいことだらけの夏、「私と友達、どっちと遊びたいワケ!?」なんて迫られたら、ついつい「友達に決まってるだろ!」と言い返したくなっちゃうそうですよ~。

もちろん、彼女のことが大切な気持ちには変わりがないはず! しかしながら、責め攻められると逃げたくなってしまうのが男性の本音でしょう。その点、しっかり計算して、相手が逃げない言葉で約束を取り付けるよう努力してみてくださいね。

いかがでしたか? 身に覚えのある人は要注意! 100歩譲っても、夏にこれらの台詞は言わないよう注意してみて~。

(ゆきち)

元記事を読む