1. トップ
  2. メイク
  3. 人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! まつ毛を程よくカールアップ&キープする敏腕ツール。【BACKSTAGE BEAUTY / MARIKO TAGAYASHI / vol.2】

人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! まつ毛を程よくカールアップ&キープする敏腕ツール。【BACKSTAGE BEAUTY / MARIKO TAGAYASHI / vol.2】

  • 2020.9.8
  • 1739 views

人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! まつ毛を程よくカールアップ&キープする敏腕ツール。【BACKSTAGE BEAUTY / MARIKO TAGAYASHI / vol.2】

2020.09.07 15:47

某外資系コスメティックブランドでシニア アーティストを務め、チームを率いてニューヨークやパリのコレクションでランウェイメイクを数々手がけた経験をもつ、メイクアップアーティスト耕 万理子さん。絶妙な色づかいや、トレンドをさり気なく取り入れるセンスに定評があり、独立後も雑誌や広告撮影、舞台メイクなどで幅広く活躍している耕さんのメイクボックスには、どんなアイテムがスタンバイされているのか……。今回フォーカスしたのは、まつ毛メイクアイテム。愛用のビューラーやカールを記憶させる下地、お気に入りのマスカラにタッチアップ用のホットビューラーなど、美しい仕上がりを叶え、キープするための、こだわりのツールがずらり! プロならではの、美まつ毛メイクティップスと合わせてご紹介します。

【さらに写真を見る】人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! まつ毛を程よくカールアップ&キープする敏腕ツール。【BACKSTAGE BEAUTY / MARIKO TAGAYASHI / vol.2】

まつ毛をもれなくキャッチする高機能ビューラー。

スキンケアを終えて、ベースメイクに取りかかる前に、ビューラーでまつ毛全体をしっかりめにカールアップします。そうすると、アイメイクをするころに、まつ毛がちょうどいい感じのカール具合になるんです。ビューラーはいろんなタイプを常備していますが、一番オールマイティに使えるのが資生堂で、最も出番が多いです。海外ブランドなのに、意外と日本人の目の形にフィットするのがマリークヮント。カーブがゆるやかで、フラットなまぶたにもあてやすく、グッと奥に入っていく感じできれいにまつ毛をはさめます。目頭や目尻など、普通のビューラーではカールアップしきれなかったところに使うのが、小回りのきくM・A・CとKOJI。まつ毛全体を上げたくなくて、目尻側だけを部分的にカールアップしたいときにも便利です。

■M・A・C ハーフ ラッシュ カーラー
■コージー本舗 KOJI No.100 アクセントカーラー
■マリークヮント アイラッシュ カーラー
■資生堂 アイラッシュカーラー 213

 

美まつ毛を長く楽しむための透明マスカラ下地。

マスカラを塗布する前に必ず、透明の下地を使って、まつ毛のカールを形状記憶させます。最も愛用しているのが、ウォータープルーフタイプのクラランス。眉&まつ毛用トップコートなのですが、にじみにくさがピカイチでマスカラ下地としてもすごく優秀です。まつ毛が下を向いている人や、汗や湿気でパンダ目になりやすいときは、これに限る! 下地→マスカラ→トップコートというようにサンドウィッチ使いすれば、マスカラのくずれにくさはパーフェクトに。細かい繊維入りのUZUは、まつ毛に長さがほしいときに使います。乾燥をケアし、まつ毛のダメージをリペアする効果があるのも魅力。そして、まつ毛にハリを出したいときは、M・A・Cのジェル状眉マスカラをまつ毛メイクのベースに。もともとまつ毛がカールアップしていてビューラーが必要ない人や、ノーマスカラでメイクしたいときは、これだけで仕上げることも。アイシャドウの粉などがつかないようまつ毛をコートしたり、まつ毛にツヤを出すのにも、透明ジェルを活用しています。マスカラを塗るなら、ベースは100%必須。美しい仕上がりをキープするためには、マスカラ下地を塗るひと手間が欠かせません。

■M・A・C ブロウ セット
■UZU モテマスカラ クリアー
■クラランス ダブル フィックスマスカラ

 

繊細な仕上がりが叶う、お気に入りのマスカラ。

インパクトのあるまつ毛メイクをすることももちろんありますが、個人的には仕上がりが繊細なタイプのマスカラが好きで。最近、一番のお気に入りはオンリーミネラルのテラコッタ色のマスカラ。オレンジとブラウンの間みたいな、他にはあまりないカラーが絶品なんです。唐突な感じがなく、少しメイクを遊びたい人におすすめの色。下まつ毛に塗布すると、目もとにやさしさが出るのも魅力です。お湯で落とせるマスカラがいいというモデルが多く、出番が増えているのがUZU。VOL.6はつけ心地が軽く、まつ毛そのものが伸びたかのように、自然に長さが出るところがいい。そして長年愛用しているのが、ヘレナ ルビンスタインのマスカラ。液が軽くてボテッとつくことがなく、ダマにもなりにくいから大好き! まつ毛1本1本をセパレートしながら液がからんで、繊細なまつ毛メイクに仕上がるうえに、カールがくずれにくいのもさすがです。

■UZU モテマスカラ VOL.6
■ヘレナ ルビンスタイン ラッシュ クイーン コブラブラック WP 1
■オンリーミネラル ミネラルマルチマスカラ 03

 

仕上がりを微調整するホットビューラー。

マスカラを塗ったあと、仕上げにホットビューラーを使うことも。マスカラの重さで下を向いてきたまつ毛を、根元からグッとおさえて立ち上げます。ホットマスカーラーは特殊ポリマー加工が施されていて、マスカラ液がつきにくい優れもの。持ち手が細く、使い勝手がいいところも気に入っています。ハリウッドアイズはブラシのカーブがゆるやかで、フラットなまぶたにおすすめ。そしてテスコムは、ブラシが振動する珍しいタイプ。振動によって、まつ毛が1本1本セパレートされ、勝手に扇状に広がってくれるから不思議。マスカラを塗布する前に、下地を乾かしながら、まつ毛をセパレートして形を整えるのに使っています。もちろん、こちらもマスカラ塗布後の使用もOK。カールアップや、くっ付いてダマになったまつ毛をほぐすなど、ホットビューラーを使えば、まつ毛メイクのタッチアップも簡単です。

■柳瀬 ローロ ホットマスカーラー
■テスコム ホットビューラー TL324
■ハリウッドアイズ ホット アイラッシュカーラー

 

元記事で読む