1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 気持ち良くメイクするために!洗面台をきれいに保つポイント3

気持ち良くメイクするために!洗面台をきれいに保つポイント3

  • 2015.5.9
  • 1935 views

洗面台、こまめに掃除していますか? 洗面台をきれいに保つことは、清潔な肌のためにもとっても大切。また、水周りが汚いと風水的にみても運気が下がってしまう原因になるようです。鏡や排水溝、洗面ボウルを意識的に掃除することが、ピカピカの洗面台を維持するコツのようですよ。

■汚れた洗面台でのメイクやスキンケアは汚肌のピンチ

気持ちよく朝を迎えるためにも、ピカピカの洗面台はとても重要。鏡が汚れたり、曇っていては肌のコンディションが良く見えませんし、ホコリまみれの洗面台にコットンやブラシを置けば、雑菌が繁殖してしまうリスクも。水垢がこびりついた洗面ボウルを放置するのももってのほか。

■きれいに洗面台を保つ3つのポイント

(1)鏡を磨く

歯磨きやヘアセットの後は、飛んでしまった歯磨き粉や水しぶきを拭き取る習慣をつけましょう。少し湿らせた柔らかい布(着なくなったTシャツを切って掃除用の布にしてもOK)で軽く拭きとると、鏡を傷つけることなく簡単に汚れが落ちます。

(2)排水溝

排水溝には髪の毛やカビが詰まりやすいもの。髪の毛などは毎日流れてしまった分を取り除くようにしましょう。もしも排水溝に髪の毛やカビ、ホコリなどが詰まった場合は、古くなった歯ブラシで汚れを取るのがベター。詰まりが気になる場合は、排水溝の詰まりを解消・予防してくれるタイプの洗浄剤を。

(3)洗面ボウル

洗面ボウルの最大の汚れの原因は、水道水のカルシウム分。クエン酸スプレーやお酢を軽く塗布した後、そのままメラミンスポンジを使って磨くことで、ツヤピカの洗面ボウルに。

水回りの洗面所は放置すればするほど簡単に汚れてしまう場所。普段から意識的に掃除・整頓したいものですね。

(前田紀至子)