1. トップ
  2. ロバート・パティンソン、主人公との関係性に「興味を引かれた」『TENET テネット』

ロバート・パティンソン、主人公との関係性に「興味を引かれた」『TENET テネット』

  • 2020.9.6
  • 677 views

斬新なアイデア、驚異的ビジュアル、圧倒的なリアリティを追求するクリストファー・ノーラン監督による、タイムサスペンス超大作『TENET テネット』。本作で、ジョン・デイビット・ワシントン演じる“名もなき男”を手助けするエージェントを演じたロバート・パティンソンに注目した。

全米公開に先駆けて8月26日(水)から41の国と地域で公開され、世界各国で初登場No.1を獲得、現地時間9月3日(木)に公開となった全米での動向も大きな注目が集まっている本作。

ジョン・デイビット演じる名もなき男に課せられた、“第三次世界大戦から人類を救う”というミッション遂行を手助けする優秀なエージェント、ニールを演じているのがロバート・パティンソン。パティンソンといえば、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のセドリック・ディゴリー役に続き、当時熱狂的な人気を博した『トワイライト』シリーズの主人公、ヴァンパイアのエドワード・カレン役で世界的にブレイク。

その後、鬼才デビッド・クローネンバーグ監督作品をはじめ、サフディ兄弟の『グッド・タイム』、女性監督クレール・ドゥニの『ハイ・ライフ』など、近年では作家性の強い監督の作品に出演してきた。そして今回のノーラン監督『TENET テネット』への出演に続き、マット・リーブス監督による『ザ・バットマン』(21)で新たなバットマン役に抜擢されたことで、いま改めて大きな注目を集める存在となった。

パティンソンのキャスティングについて、ノーラン監督のパートナーであり本作のプロデューサーであるエマ・トーマスは、「ロバート・パティンソンはこの映画に光をもたらしました。すばらしいことです」と印象的な言葉を残している。

さらに「長い間、彼の作品を観て楽しんできたけれど、最近の出演作品ではまったく違う俳優に思えて、興味をかき立てられました。彼が役にどう入り込んでいくのか見られることにワクワクしていました。出演を引き受けてくれてとても嬉しかった。彼は本当にすばらしい」と、新たな作品に挑戦するたびに成長を遂げ、変幻自在の演技で世界中の観客を魅了し続けているパティンソンの姿勢を大絶賛。作品を生み出すたびに限界を越えることが求められるノーラン監督の撮影に呼ばれたのも、必然だったといえるだろう。

本作でパティンソンが演じるニールは、名もなき男の相棒として世界各国を共に旅する。彼はとても有能だが、過去の経歴は物語の中でも明かされない。しかし、そのことが特にパティンソンの好奇心をそそったという。「ニールと名もなき男の関係にすぐに興味を引かれました」と言い切ったパティンソンは、「彼は友人なのか、敵なのかと疑問に思いました。信頼すべきか、疑うべきかをどうやって決めるのかが気になったんです。そのとき自分の直感がどれだけ頼りになるのかとも考えました」と、名もなき男とニールの不思議な関係性について語る。

そして「現実世界でも難しいことですが、僕たちの知っているルールが変化し逆行したとき、それはさらに複雑になります。特定の登場人物から既知の特徴が取り除かれたとき、その人物の人間的側面はどう変化し、また強化されるのか。ニールは専門知識や経験、そして直感の組み合わせを基に行動します。自分にわかることは限られている。だから自分よりも大きなものに賭け、ひとまず信じてやってみるしかない。そこで自分が信じるものがわからず、自分がしていることの善悪もわからないとき、その決断はさらに興味深いものになります。そこがとても気に入りました」と、劇中でのニールの行動について触れた。

現在、新型コロナに感染したとも報じられているパティンソン。時間が“逆行”する未知なる世界の中で、彼が演じるニールはどのような活躍をするのか? 相棒となる名もなき男との関係性にも注目が集まりそうだ。

『TENET テネット』は9月18日(金)より全国にて公開。

元記事で読む