1. トップ
  2. 業務スーパーの『ロールキャベツのトマト煮』は完成度高めのトロトロ素朴味

業務スーパーの『ロールキャベツのトマト煮』は完成度高めのトロトロ素朴味

  • 2020.9.4
  • 1021 views

業務スーパーで販売されている『ロールキャベツのトマト煮』をご存じでしょうか。

鶏肉入りのロールキャベツをトマトソースで煮込んだ冷蔵惣菜です。素朴な甘酸っぱさで優しく仕上げた味わいと、トロトロの柔らか食感が特徴的。冷凍系のロールキャベツと比較すれば、安心してチョイスできるクオリティですよ。

業務スーパー|ロールキャベツのトマト煮|321円

業務スーパーにて321円(税込、税抜298円)で販売中です。ソースと一緒になったロールキャベツが5個入りで、内容量は未記載。参考までに、編集部での実測値は約340gでした。カロリーは100gあたり115kcal(炭水化物 7.0g、脂質 7.5g)。コスパは1個あたり約64円。神戸物産が販売、その子会社・宮城製粉が製造するプライベートブランド品になります。

キャベツはふんわり柔らかく煮込まれている一方で、中の鶏挽き肉はしっかり食感が残った仕上がり。トマトの酸味は立ちすぎず、玉ねぎの甘味を加えて全体的に穏やかでまろやかな味わいです。鶏肉の旨味もさっぱり寄りで、少し物足りなさは感じるかも。それでも、『ロールキャベツ』(600g・386円)などの冷凍品に比べると風味に雑味がなく、食感も完成度高め。ボリュームはそこそこですけど、手軽なちょい足しおかずとして無難にチョイスできる一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 平均的なサイズのロールキャベツのトマト煮込みが5個入った冷蔵惣菜
  • 鶏肉のボリュームはもうひとつだけど、柔らかく煮込まれた食感がけっこう優秀
  • 素朴ながらまとまりの良い味付けで、副菜として添えると嬉しいクオリティ
  • 手軽さを重視するなら本品、コスパを重視するなら『ロールキャベツ』(600g・386円)がおすすめ
元記事で読む