1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【連載】キッチンもスッキリ!100均の保存容器で使い捨てゼロ!

【連載】キッチンもスッキリ!100均の保存容器で使い捨てゼロ!

  • 2020.9.4
  • 5605 views

環境に配慮するキッチン収納

最近はレジ袋有料化などで、プラスチック製品の使用削減が求められています。家からゴミとして廃棄する量を減らすには、普段からの意識改革が必要です。

私は、使い捨てをやめて、繰り返し使える仕組みに変えました。環境に配慮した結果、収納も便利になりました。

100均セリアの保存容器で統一

食材を無駄なく食べきるために、冷凍保存しています。その時に便利なのが保存容器。

100均セリアの保存容器で統一
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)100均セリアの保存容器で統一

中でも、私が一番気に入っているのが、セリアのとにかく洗いやすい保存容器です。

最近は、ダイソーやキャンドゥでも見かけるようになりました。

フタをしたままレンジに掛けられる溝がないので洗いやすいとSNSでも人気の商品です。

100均セリアの保存容器で統一3
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)100均セリアの保存容器で統一3

140ml 3個組 110円(税込)

サイズ約8.6×13×高さ3.6cm

少し浅めの容器です。

100均セリアの保存容器で統一4
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)100均セリアの保存容器で統一4

180ml 3個組 110円(税込)

サイズ約8.6×13×高さ4.3cm

少し深めの容器です。

保存容器のお悩みも解決!

この2種類だけを愛用しています。なぜなら。

保存容器のお悩みも解決!
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)保存容器のお悩みも解決!

高さが違うだけなので重ねて収納できるから無駄にスペースを取りません。もちろんフタも共有できます。

これで、フタと容器が合わない!収納に場所を取る!といった保存容器あるある問題が解決できます。

保存容器のお悩みも解決!2
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)保存容器のお悩みも解決!2

洗う時も重ねて置けるので場所をとりません。もちろん、溝なしなのでササッと洗え時短です。

見えるのが大事

食材を冷凍する時に重要なのが、何が入っているかが一目でわかること!

見えるのが大事
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)見えるのが大事

冷凍庫の扉を開けっぱなしでガサゴソ探していると冷気が逃げて電気代もかさみます。

見えるのが大事2
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)見えるのが大事2

フタが透けて見えるのも、この保存容器の便利ポイントです。

中身を選ばない

保存容器のいいところは、中身を選ばないというところ。

中身を選ばない
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)中身を選ばない

固形のモノはもちろん、タレのような液状タイプにも使えるので便利です。

中身を選ばない2
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)中身を選ばない2

サイズが揃っているので、冷凍庫内を無駄なく使えますよ。

使い捨てをやめてみた

冷凍保存で便利なグッズにジッパー付きビニール袋があります。

使い捨てをやめてみた
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた

お肉などをラップして入れておくのに便利です。最近はデザインもサイズも豊富になっています。

ただ、これも洗って何度も使えるわけではないので、結局は廃棄することに。プラスチック製品のゴミが出てしまいます。

使い捨てをやめてみた2
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた2

ジッパー付きビニール袋の代わりに繰り返し使える保存容器にしました。

しっかりパックY

容量は1L

サイズは約23.9×17.6×3.3cm

こちらもセリアで購入。

使い捨てをやめてみた3
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた3

ポイントは、この薄さです。

使い捨てをやめてみた4
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた4

パックのお肉がそのまま入る大きさです。

使い捨てをやめてみた5
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた5

ジッパー付きビニール袋に入れる時と同じように薄く平らにして。

1回に使う分ずつ冷凍することで、より使いやすくなります。

使い捨てをやめてみた6
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた6

重ねて保存容器に入れるだけ。

使い捨てをやめてみた7
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた7

この薄さなので、お肉との隙間もほとんどなく冷気もしっかり伝わって美味しく冷凍できます。

ラップで分けているので取り出す時もスムーズです。

使い捨てをやめてみた8
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた8

こちらも蓋が透けているので、中身がすぐにわかります。

使い捨てをやめてみた9
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた9

私が使って便利だと思ったのは違う食材同士を1個の容器に入れられること。

これまでは、1食品1ジッパー付きビニール袋で使っていました。これだと袋ばかり増えて、中身が少なくなると袋が大きいままでかさばります。

容器だとその問題が解決できます。洗って繰り返し使えるのでエコで経済的です。

使い捨てをやめてみた10
出典:https://folk-media.com/(外部リンク)使い捨てをやめてみた10

廃棄するジッパー付きビニール袋が減って、ゴミも削減出来ました。

これからのキッチンは環境にも配慮して

ジッパー付きビニール袋が大活躍だった我が家の冷蔵庫ですが、今は保存容器で何度でも繰り返し使えるのでプラスチック製品の廃棄ゴミが激減し、環境にも配慮できました。使う目的に合わせた数を持つことも重要なポイントです。

また、サイズを合わせておくと洗う時も収納する時も無駄がなく、さらには使う時もフタと本体を合わせる必要がないのでストレスフリーです。

元記事で読む