1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. キレイにすることばかりではなく、汚くならないようにする事が重要

キレイにすることばかりではなく、汚くならないようにする事が重要

  • 2015.5.9
  • 1170 views

キレイに片付けたり整理することはもちろん大切ですが、部屋の掃除にしても仕事にしても、そもそも無駄がなければ汚くなることはありません。余計なこと・必要ないことをやることで、面倒が増えたり余分にひと手間かけなければいけなくなります。作業が増えると面倒になります。そして面倒になると余計に部屋が汚くなったり、仕事も増えるばかり――。まずは近辺の部屋掃除での“余計”を減らす練習をしてみては?

部屋に余計なものが多くない?

要らないものがないのか、まずは部屋を一通り見てみましょう。普段使わないもの、絶対に使わないもの……これらはみな部屋を狭くしてしまいます。そして何よりも、掃除をするのに一番邪魔な存在になります。たとえば余計な雑誌や置物などは、ホコリを被りやすく汚れがち。ホコリ掃除が面倒な人や、あまり掃除を頻繁に行わない人にとっては、こういった小物などは汚れをどんどん増やす原因になってしまいます。

物が少ないだけで掃除がしやすくなる

掃除をするときに物が多いと、それ自体をどかしたり、それ自体のホコリを拭いたりと余分に手間暇がかかりやすく、掃除すら面倒になりがちです。物が少ないというだけでサッと拭き掃除ができるため、掃除も苦ではなくなります。それ以上に見た目にも部屋をスッキリと見せてくれるので清潔感もでてきますよね。“余計な物を置かない”だけでも、キレイな部屋を維持することが容易になるのです。また、物は常に増え続けるので、何かを買うごとに“減らす”ということを意識するのが大切です。

収納がネックになることも

物を置く場所が増えるほどに、物は増えていきます。そのため収納の多い家や部屋などは、実は要らないものがたくさん眠っています。特にクローゼットのような収納の中にさらに収納ケースを置くことで、洋服が増えたり資料が増えたり……置く場所があるほどにそこへ放り込みがちに。収納場所もシンプルにするとそれだけで、物が増えずにすみます。

また収納スペースって意外とホコリが溜まりやすく、カビも生えやすい場所です。物が多くなるほどに湿気が多くなるので、風通しを良くするためにも物の詰め込みすぎには気をつけておきましょう。

玄関では靴をしまっておく

玄関は外からの誇りや石ころなんかが転がっていて、とても汚れやすい場所ですが、ついつい掃除を怠りやすい場所です。玄関先をキレイにすることで、部屋全体の空気の流れをよくしてくれるので、玄関先を常にキレイにしておくよう心掛けたいところです。しかし、なかなか玄関まで掃除が行き届かないのが現状。そのためにも玄関があまり汚くなりにくいように、靴は靴箱にしまっておきましょう。靴をそのまま置いておくと、靴の間や中にまでホコリが入り込み、とても汚れやすい環境になります。帰ってきたらしまう習慣を付けたり、出しておく靴は一足だけと決めるなど工夫をしてみましょう。