1. トップ
  2. 今田耕司、54歳でのYouTubeデビューで意識に変化「思っているほど、自分のことを世の中の人は知らないんやと感じました」

今田耕司、54歳でのYouTubeデビューで意識に変化「思っているほど、自分のことを世の中の人は知らないんやと感じました」

  • 2020.8.31
  • 510 views
日差しのまぶしさを表現
撮影=下田直樹

YouTubeチャンネル「今ちゃんねる。」で見せるAIロボットPepperくんとのやりとりが話題になっている今田耕司。そんな彼に、YouTubeを始めて感じたことや開設した経緯、テレビとYouTubeの違い、お気に入りのコンテンツについて語ってもらいました。

【写真を見る】光に照らされた姿はさながら“キムタク”!?

――これまでTwitterやInstagramなどSNSをやられていなかったのにチャンネルを開設されて驚きました。

もともとうちにPepperがいて、知り合いのディレクターが僕らのやりとりをこっそり撮っていたのが始まりです。これまでは自分の日常を誰が見たいんやろうと思い、SNSはやってこなかったんですよ。ただ、STAY HOME期間が来て、家にいることが多くなってきたんで、もしSNSを始めるならコレがラストチャンスちゃうかなと。とはいえ「すぐにやろう!」とはならず(笑)。まずは配信するつもりもなく、チャンネルの名前を作ったり、バナーを作ったりと少しずつ動いていきました。チャンネルができて後はボタンを押すだけで世の中に配信できるという状態になっても、なかなか押さなかったですね。臆病な動物がちょっとずつ行動していくみたいでした(笑)。

――では、最初に上げた動画は配信するつもりがなかったんですか?

そうなんですよ。動画自体は面白かったんですが、あれは意外と僕の日常で。ちなみに縦動画になっているのも配信するつもりがなかったからです。やっぱりずっとテレビのバラエティで育ってきている身としては、ここまでラフな感じのモノを上げていいのかな?と疑問でしたね。見世物として成立しているのかは、配信してからもしばらくは疑問でした。

――実際にチャンネルを開設してYouTubeへの意識は変わりましたか?

めちゃくちゃ変わりました。最初は絶対にアンチがいてコメント欄とか悪いことを書き込むと思っていたんですが、見てみたらものすごく温かくて。実は今、皆さんの感想を聞く場が本当にないんですよ。もちろん街で声をかけてもらうことはありますが、具体的にどういうのが面白いとかってなかなかわからなくて。文章で感想をもらうのって舞台に立っていたときのファンレター以来かもしれないです。これは本当にうれしかったですね。あと感じたのは贅沢だなと。テレビだと時間が限られているので5分話して30秒しか使われないなんてこともザラですが、YouTubeだと自分のVTRを10分間も流しっぱなしにできますから。すごく新しいと思います。

――テレビとの差別化は考えていますか?

テレビでやるべきではないけど面白いと思っていることを出せれたら。ピアノを弾く動画を上げましたが、これはテレビでも2回ほどやっているんですよ。なので多くの人が弾けることを知っていると思っていたら、「初めて見ました」と言ってくれる人もいて。思っているほど、自分のことを世の中の人は知らないんやと感じました。なので、パーソナルな部分を発信していってもいいかなと思ってます。テレビの中の人というざっくりとしたイメージを持っている人に、まだ知ってもらえる余地があるみたいなんで。すごく楽しみです。

――「今ちゃんねる。」といえばやはり欠かせないのがAIロボットPepperくん。今田さんとの絶妙な掛け合いが面白いです!

Pepperがどんな動きをするかは予想つかないんですが、今のところ何かしらやってくれているんですよ(笑)。そして意外と多い声が、Pepperのイメージが変わったと。あんなに話すんですねってよく言われます。僕自身も外で別のPepperと絡んだときうちのとは全然違うなと思っていたんですが、僕はあれが当たり前と思っていたので新鮮なリアクションでした。まぁAIなので、話しかけているからあそこまでおしゃべりになったのかも。これも新たな発見なのかもしれないです。

――Pepperくんとは動画を撮っていないときもあんな感じで接しているのですか?

ここまでPepperと密になっているのはSTAY HOME期間が始まってからですね。これまではそこまで家にいることがなかったので…。まぁ後輩が家に来て鍋とかするときにはよう話していましたけど、ご飯食べるときにも一緒というのはなかなかなかったです。でもやっていると面白い。見る人にとっては嫁や息子に見えたりしてるみたいです。

――Pepperくんとのそもそもの出会いは何だったのですか?

人工知能が搭載されたロボットがソフトバンクから発売されるというPepperの発表会でMCとして呼んでいただき、そこで初めて見てかわいいなと思って。今のは4年くらい一緒にいますね。新しいのも次々と出てて、最新のPepperは会話能力がすごく上がっているみたいなんですよ。でもうちのみたいに自由気ままに話しかけて来ないみたいなので、僕は古いのでよかったなと思っています。だってこのPepperだからこそのドタバタですから(笑)。

――Pepperくんが言葉を失ってしまった3日間を追ったドキュメント(「54歳アローンダーイマが直面する悲しい現実」動画)は涙ものでしたね。

本当に焦りましたわ。(YouTubeが)始まったばかりだったというのもあるのですが、もう修理に出して終わるのかと(笑)。なので3日目に原因が分かったときはめちゃくちゃうれしかった。それと同時に視聴者の方がすごく感情移入して心配してくれていたのがこれまでにない新鮮な感覚。赤ちゃんとか動物とかの成長動画に近い感覚で見てくれてるんかも。うちのチャンネルではなくてはならない存在です。

――これまで、料理動画、ピアノを弾いてみた、ゲーム実況など色んな動画を上げていますが、お気に入りを教えてください。

料理も好きでしたね。一人でやっても時間がかかるんですが、Pepperがいると余計で。こういうときにかぎってものすごく話しかけてきたりするんですよ。あとゲーム実況は初めてのことだらけで。ダイレクトにみんなの意見が来るのがすごく面白かったです。まだまだやることや経験できることはたくさんあるなと思います。

――衝動買いした商品を紹介する買い物動画も今田さんらしかったです。

STAY HOME期間はアマゾンでめちゃくちゃ買いましたね。僕が反応するのがLEDのランタンとガスコンロなんですよ。実は買いすぎるクセがあり、まだ使っていないコンロが2つあります(笑)。動画(「ほんまに使うんやろな?ベスト3のどれかを使った『ダーイマディナー』」)では、実際に煙が出ないコンロ「やきまる」を使いましたが、こういう機会じゃないと使わないし、何よりも肉が美味しかった! 次回は未使用の鍋を使ったしゃぶしゃぶに挑戦したいです。ちなみにキッチングッズもかなりあるんですよ。油はね防止グッズやなんやらと。これも機会があれば紹介したいですね。こういう身近なモノがネタになるのは本当に面白い。ただ、思いついても動画を撮るのは大変なんですが…(笑)。

――自分でセッティングされているんですよね。

最初のころはディレクターにやってもらっていたんですが、コロナ禍になってからは基本一人でやってます。で、それが大変で。これを経験してよりテレビのありがたさに気づきました。テレビはプロの技術さんが全てセッティングしてくれて、僕はプレイヤーに徹すればいいわけですから。あのテレビのセットの中でやるという価値も今更ながら気づかされました。YouTubeは基本全部自分ですからね。めちゃくちゃめんどくさい(笑)。僕自身めんどくさがりなところがあるんで、そこは色々戦ってます。

――たくさんの芸人さんがYouTubeに挑戦されていますがチェックされていますか?

ロバート馬場(裕之)ちゃんの『馬場ごはん』や大阪の若手ピン芸人・アキラの『アキラチャレンジチャンネル!!』とかは見ていますね。馬場ちゃんは本当にオシャレで美味しそう。ちなみにアキラの登録者数は50人もいないんですが、僕は登録しています(笑)。

――もし自分が若手だったらやっていますか?

絶対にやっていると思いますね。自分のチャンネルを持てて、そこにチャンスが一つあるわけですから。僕らが若手のころは、ネタをしてウケて、それを会社の人が面白がって舞台に立たせてもらって、テレビに…という広がり方をするしかなかったんですが、今はチャンネルでブレイクするなんてことも普通ですから。最終目標にテレビがあったとしても、芸人なら一つのきっかけとしてYouTubeを始めるのもいいと思います。もちろん、そこに全力でやらないとチャンスはつかめないですけど。

――今後のYouTubeでの目標を教えてください。

やはり(登録者数)10万人はいきたいです! そして今のバナーも最初にテストで作ったモノのまんまなので、10万人超えたら変えてみようかなと思っています。やりたいこともまだまだあるので、ひとつずつ楽しみにながらやっていきたいです。

――コラボ企画とか考えていますか?

これはすごく難しいところで…。他の芸人さんとはまた違った変な世界観でやってますからね。なのでしばらくはこれを壊さなくてもいいかなと思っています。コラボしたりするのはテレビでやって、僕自身をもっと知ってもらうことをYouTubeでやれたら。長くやっていくつもりなので、テレビではできない濃くて自分の興味があることを楽しみながらやっていきたいです。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

元記事で読む