1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 一文字違いがすごく惜しい!くせが強めだけどかわい過ぎる言い間違い5選

一文字違いがすごく惜しい!くせが強めだけどかわい過ぎる言い間違い5選

  • 2020.8.31
  • 17701 views

子どもの言い間違いは、無意識にほかの音に変換していたり、前後の言葉を自由に入れ替えていたりと、いろいろなパターンがあります。SNSでもたびたび「かわい過ぎる!」と話題になっており、子どもの言い間違いに関する投稿も多いです♪

今回は一文字だけ言い間違えている投稿を5つピックアップしました! 思わず大人もクスッと笑ってしまいそうなおもしろくてかわいい言い間違いをご紹介します。

大きい声で言わないで!ママ、すかさず何度も訂正! (2歳)

微妙に間違っていますが……(笑)。新しく虫の名前を覚えられてうれしかったのでしょうね!

電化製品が生き物になっちゃった!? (4歳)

「アイパッド」と「アイポッポ」。子どもらしいかわいい言い間違いにホッコリします♪

え、お金!?娘ちゃんの言い間違いにママびっくり!(2歳)

いきなり子どもに「かね!」と言われたら、びっくりしてしまいますよね。なかなか意表を突く言い間違いです(笑)。

ゆで卵がなんだかロマンチックに♪ (3歳)

一文字変わるだけでこんなにメルヘンになるんですね! かわいい言い間違いに癒されます♡

兄弟で言い間違い♪お兄ちゃん、全力で間違えています! (5歳)

長男くん、パンチが強いおもしろさですね(笑)! 次のページには次男くんが3歳のときの言い間違い、「ドキドキ雨」が載っています☆

以上子どもの言いをご紹介しました! どれもくせが強めでしたが、かわいい言い間違いでしたね! 成長とともに子どもはどんどんおしゃべりがじょうずになっていきます。言い間違いをするかわいい時期も大切に過ごしていきたいですね♪

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む