1. トップ
  2. 恋愛
  3. 5月25日は「ターミネーターの日」に正式認定! シリーズ第1作目の日本公開から30周年を記念

5月25日は「ターミネーターの日」に正式認定! シリーズ第1作目の日本公開から30周年を記念

  • 2015.5.8
  • 727 views

シリーズ第1作目の『ターミネーター』が日本公開されたのが、ちょうど30年前となる1985年5月25日。この度、その30周年を記念して、5月25日が「ターミネーターの日」として正式に認定されることとなった。

undefined

【関連記事】あの頃、ボクらはイケメンだった ~テレビで活躍する80年代映画スターたち

『ターミネーター』は、当時弱冠30歳だったジェームズ・キャメロンが監督・脚本を手がけ、ボディビルダーから俳優に転向したアーノルド・シュワルツェネッガーが、殺人アンドロイドのターミネーター役に大抜擢。低予算ながら革新的な映像とストーリーでサプライズ・ヒットとなり、続く『ターミネーター2』(1991年公開)は、全世界における興行収入が5億6000万ドル(約672億円)という驚異的な大ヒットを記録。日本でも95億円もの配給収入を叩き出し、その年の興行成績でトップの座を獲得した。本シリーズはアーノルドを一躍スターダムにのし上げたSF映画の金字塔として、今もなお世界中の映画ファンを魅了し続ける伝説のシリーズだ。

そして満を持して今夏、自身の大出世作シリーズの第5作目となる『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を引っさげ、アーノルドが帰って来る。4月某日にロサンゼルスで最新作の取材を受けていた際、日本で5月25日が"ターミネーターの日"に認定されたことを伝えられたアーノルド。すると、額に入った記念日登録証を手にした彼が快く記念撮影に応じ、「30年も経ってから同じ俳優に同じ役のオファーが来るなんて、ものすごく稀なことなんだ。とても光栄に感じたよ」とコメント。本作では、30年前のターミネーターと最新作のターミネーターが対峙する"シュワ VS シュワ"の対決シーンも大きな見どころとなっている。

全世界待望の最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、7月11日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:「ターミネーターの日」認定証を持ち記念撮影するシュワちゃん
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.