1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュウミュウ 2015-16年秋冬コレクション - 上品レディが呟くアイロニー

ミュウミュウ 2015-16年秋冬コレクション - 上品レディが呟くアイロニー

  • 2015.5.7
  • 1027 views

ミュウミュウ(MIU MIU)の2015-16年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。フレッシュな色彩とアニマルプリントがキーワード。少女のような可憐さに、ほんのりとアイロニーを香らせて、コレクションは進行していく。

愛嬌と皮肉、そんな対比が今季のムード。クラシカルな千鳥格子に、パイソンをドッキングさせたファブリックからスタートした。アニマルプリントを忍ばせたのは、Aラインのコートやスカートのポケットやボタン部分。その後は、レオパードやクロコダイルを全面にあしらい、挑発的なスタンスを強めていく。一方で、ツイードのチェックやフラワーモチーフを随所に散りばめ、上品な一面も忘れさせない。

展開されるアイテムは、秋冬コレクションだと忘れてしまうほど、陽気なものばかり。例えば、エプロンドレス。大きなボタンとイエローやグリーン、オレンジなどのカラーで、ポップなスタイルを提案する。しかし、敢えてツイードを採用し、夏と冬、季節の対比を描いていく。また膝上のレングスをキープし、数多くのミニスカートやミニワンピースがラインナップ。終盤に登場した大きなフリルのシャツには、クリスタルの装飾を添え、ヴィクトリア風のイブニングガウンを想起させた。

さらに、キュートなアクセサリーがコレクションをドラマティックに演出していく。イヤリングやネックレスは、装いと同様にオーバーサイズに設定され、レトロな世界観を構築。また、チェーンハンドル付のハンドバッグや新しいシルエットに生まれ変わったアイコンバッグ「マドラス」などのレザー小物も揃った。

素材、デザイン、アイテム……。どの観点から着目しても、今季は“対比”にフォーカスを当てていた。中でもリアルパイソンと、ツヤ加工を施したフェイクアニマルを混同させた、皮肉めいた素材選びが心に残る。どんなアプローチに対しても、洗練されたレディスタイルが打ち勝つ、ブランドの芯の強さに改めて気付かされるシーズンだった。