1. トップ
  2. ファッション
  3. バレンシアガ 2015-16年秋冬コレクション - 究極のエレガンスを組み立てる

バレンシアガ 2015-16年秋冬コレクション - 究極のエレガンスを組み立てる

  • 2015.5.7
  • 678 views

バレンシアガ(BALENCIAGA)の2015-16年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。クリストバル・バレンシアガのアーカイブからヒントを得ながら、現代のニーズに添ったワードローブを展開する。

今季を紐解くのは、コクーンシルエット、着物スリーブ、バルーンドレスの3つ。そこに、アルミやシリコンといったインダストリアルな要素をアレキサンダー・ワンならではの視点で織り込み、ハードさを持ち合わせたレディスタイルを描いていく。

卵のような丸みがあるウールコート、ふっくらと膨らんだツイードワンピース、くるっと身体を包み込むようなラップスカート。構築的なシルエットの連続だ。よく目を凝らしてみると、スタンプラーが生地と生地を繋いでいる。

ファブリックは、ナイロンを混ぜ込んだ光沢感のあるツイード、はと目を合わせたウール、ラバー加工済みの糸を織り込んだジャカードなどが展開。どれも、地下鉄の駅に敷かれたアルミの床など、日常生活で目にするものを着想源としているものばかりだ。また、小さなアルミリングを集めた襟、毛皮を模したビーズの刺繍、カラフルなスプレーペイントなど、装飾の観点からも日常へのアプローチはつづく。

ワードローブに負けないほど、小物もウィットに富んでいる。シリコンに浸したチェーンハンドルのハンドバッグやx-rayと名付けられたスケルトンシューズ、ラバー加工を施したバケツ型バッグなど。ときには、ミンクのスカーフでゴージャスに、ときには、エンジニアブーツでコーディネートを外し、装いにモダンなスパイスを加えていく。

斬新なユーモアを詰め込んでいるが、一貫しているのはノーブルなムード。サプライズを含んだ上品なアイテムは“究極のエレガンス”と呼ぶに相応しい。アレキサンダー・ワンは、今後も私たちを楽しませてくれそう。そんな期待がますます高まるシーズンだった。