1. トップ
  2. 文音、彼氏と“失踪”後に父・長渕剛から厳しい制裁…

文音、彼氏と“失踪”後に父・長渕剛から厳しい制裁…

  • 2020.8.27
  • 319210 views

長渕剛の娘・文音が、26日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に初出演。彼氏と失踪した後に待っていた、父との壮絶な修羅場エピソードを明かした。

文音には17歳の時、地方の大学に通う年上の彼氏がいたという。東京でしばらく過ごした彼は学生生活に戻ろうと、飛行機に乗るため羽田空港へ。だが見送りに行った文音は離れたくない衝動に駆られ、そのまま一緒に飛行機に乗ってしまったのだとか。

娘がいなくなったという知らせを聞きつけた父から「そんなとこにいてはダメだ」と東京に呼び戻されたという文音。だが事態はそれだけでおさまらなかった。長渕は、彼氏が住んでいる街の近くにある、知り合いが経営する空手道場に彼を呼び出したという。

現れた彼氏に長渕は「正座しろ」と命じ、「お前がしたことは良いことか?悪いことか?」と詰問。彼が「悪いことです」と答えると、「じゃあ立て。歯を食いしばれ」。ところが覚悟を決めた彼に長渕は、頭をコツンと小突いただけで、「男同士なんだから『娘さんが来ちゃいました』と伝えてくれれば、こういうことにはならなかったぞ」と諭したのだとか。

ところが、このあと自宅に戻った長渕の怒りは娘・文音に向けられた。いきなり「庭に出て正座しろ」「セーター1枚脱げ」と命令。真冬の2月、肌着の状態になった彼女は、ボイラーからの冷風が吹き付ける中、ブルブル震えながら正座。さらに長渕は、ゴミ箱サイズの大きなバケツに入った冷水を、彼女の頭にかけたという。

するとそこに、母で元タレントの志穂美悦子がやってきたという。文音は「お母さん来てくれた、助かった」と思いきや、母も何とそのバケツでまたもや冷水を浴びせかけ、「親に嘘をつくな!」と叱責。両親揃っての制裁に文音は「マジ死ぬかと思いました」と振り返っていた。

元記事で読む