1. トップ
  2. メイク
  3. 脱・のっぺり顔!30秒で立体的な印象をかなえるノーズシャドウの入れ方【美的GRAND】

脱・のっぺり顔!30秒で立体的な印象をかなえるノーズシャドウの入れ方【美的GRAND】

  • 2020.8.27
  • 13556 views

あなたのメイク、実はたるみを強調していませんか?どんな顔も1テク30秒でカムフラージュする、“シュッと見え小顔メイク”についてヘア&メイクアップアーティストのAYAさんに教えていただきました!今回はノーズシャドウの入れ方をご紹介します。

ノーズシャドウで顔のっぺり感を払拭して小顔印象に!

まずは、毎朝必ず行う眉メイクの“ついで”にできて、効果が高いテクニックから。
「アイブロウパレットの淡い色で、眉頭の下のくぼみを強調するようにノーズシャドウを入れます。顔の中心部に立体感が出るだけで間延び感が薄れ、シュッとした小顔印象に」(AYAさん)。顔の中心に重心が集まるのでリフトアップ効果も。40代以降ならどんな人にも有効です。

こんな人におすすめ!
□低い鼻を高く、鼻筋をシュッと見せたい
□目元に立体感のない“平ら顔”だ
□まぶたがたるんで目力が弱くなってきた

 

ノーズシャドウはここに入れる!

【1】眉頭の下のくぼみをなぞるようにノーズシャドウを
【2】そのまま鼻の側面へすっとはらう

 

使用アイテム

アイブロウパレット&アイシャドウブラシ

右/ひとつで自然な立体感のある眉が描ける名品コンパクト。★印の2色を混ぜて、自分の肌よりもやや暗い程度のベージュ色を作る。
カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト ¥4,200

左/丸みを帯びた斜めカットの形が目頭のくぼみにフィット。サイズもちょうどいい。
SHISEIDO NANAME FUDE マルチ アイブラシ ¥2,800

 

HOW TO

1.眉頭の下のくぼみをブラシでなぞる
アイブロウパレットのベージュ系の2色(★)をアイシャドウブラシで混ぜ、肌よりやや暗い色を作る。眉頭の下のくぼみに塗る。

2.そのまま鼻の側面に沿わせて
そのままブラシを鼻の側面に沿わせ、小鼻の上ですっとはらう。反対側も1→2を同様に。この後、右端のパウダーで眉を描く。

 

BEFORE:ナチュラルメイク
\すっと鼻筋が通っているものの目と鼻がそれぞれ独立して見える/

+1tech:ノーズシャドウをプラス
\顔中心の余白がノーズシャドウで埋まり、立体感のある小顔に!/

 

教えてくれたのは…

ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん
雑誌や広告で活躍中。骨格を丁寧に整えていくメイクは、“美人になれる”と著名人からの指名も多数。

『美的GRAND』2020夏号 掲載
撮影/横山創大(人物)、吉田健一(静物) ヘア&メイク/AYA(LA DONNA) スタイリスト/城長さくら(Kind・人物) モデル/中村ゆり 構成/大塚真里

元記事で読む