1. トップ
  2. 不思議な話の怪談漫画が14万いいねの大反響!作者が“怖い”ではなく“不思議”にこだわるワケとは

不思議な話の怪談漫画が14万いいねの大反響!作者が“怖い”ではなく“不思議”にこだわるワケとは

  • 2020.8.26
  • 1707 views

「ちょっぴり怖いけどほっこりする」「実は私にも似たような体験が…」「子供の頃の出来事を思い出した」…etc。読者のノスタルジーをくすぐり、読み終えた後に得も言われぬ余韻が残るとTwitterで話題の短編漫画シリーズ「人から聞いた不思議な話」をご存知だろうか。2020年4月に初投稿して以降、さまざまな人から寄せられた不思議な体験談を漫画化し、不定期で更新。最新17話には14万を超える「いいね」が集まるなど、着実にファンを増やし続けている注目のSNS漫画だ。今回は作者のみつつぐ先生(@mitutugu)にインタビューし、同シリーズを描き始めたきっかけや、制作の裏側について教えてもらった。

【漫画】夏に読みたい!ちょっぴり怖い“不思議な話”の漫画をまとめて読む

不思議な余韻に浸れる怪談漫画がSNSで話題に! 画像提供:みつつぐ
不思議な余韻に浸れる怪談漫画がSNSで話題に! 画像提供:みつつぐ

まるで語りかけるように描かれた不思議な話がSNSで話題に

――今年4月にスタートした「人から聞いた不思議な話」シリーズですが、これらを描こうと思ったきっかけを教えてください。

「きっかけはコミティア(※)です。それまで『ぶんか社』さんでやっていた連載が3月に終わり、『区切りも良いので久しぶりに5月のコミティアに出たいな。では何を描こうかな?』と考えた時に、自分が今まで見聞きした話を漫画でまとめてみようと思いました」

※=漫画家たちが自主制作した漫画誌を発表・販売する展示即売会。東京で年に4回開催される。

1話(1/7) 画像提供:みつつぐ
1話(1/7) 画像提供:みつつぐ

―同シリーズでは、ちょっぴり怖くて不思議な話をテーマにしています。みつつぐ先生ご自身も霊感はあるのでしょうか?

「『自分でコントロールできたり、理性的に対処できる者こそ、霊感を持っていると言えるのでは?』と考えていますので、“霊感無し”だと思います」

1話(2/7) 画像提供:みつつぐ
1話(2/7) 画像提供:みつつぐ

――ストレートに「怖い話」ではなく、あえて「不思議な話」を扱っているのには理由がありますか?

「今まで会う人会う人に、隙さえあれば不思議な話や怖い話が無いか聞いて回っていたのですが、体感的にはほぼ半数の人は怖いものが苦手といった印象でした。話すどころか、耳にも目にも入れるのがダメ。Twitterは自分が意図しないものも強制的に目に飛び込んできますので、Twitterに限っては『不思議な話』を中心に描くようにしています」

1話(3/7) 画像提供:みつつぐ
1話(3/7) 画像提供:みつつぐ

――誇張して表現するのではなく、とある誰かの日常の中で起きたエピソードを、淡々と描出している点も魅力の一つかと思います。漫画を描く際に気を付けていること、こだわっていることはありますか?

「語りかけるように、目の前で人に聞いてもらう感覚で描いてます」

1話(4/7) 画像提供:みつつぐ
1話(4/7) 画像提供:みつつぐ

――漫画のネタはどのようにして仕入れているのでしょうか?

「友人、知り合い、そのまた知り合い…くらいから聞いたものが多いです。話を持っていても、初対面ではしゃべってくれない方がほとんどですね。特定の場や集まりに何度か出向いて顔を覚えてもらうと、しゃべってくれる人はくれます。第1話目は地元友人が営んでいた画廊(現在は閉めています)のパーティーに来ていた陶芸家の方から、第2話・第3話は友人から…といった具合です」

1話(5/7) 画像提供:みつつぐ
1話(5/7) 画像提供:みつつぐ

――読者のみなさんが自分の体験談を寄せる、Twitterのリプ欄がとても特徴的です。この盛り上がり方は予想されていましたか?

「完全に予想外でうれしいです。自分もたくさん話が読めますしラッキーですね。上述した『初対面ではなかなかしゃべってくれない』理由の一つとして、『霊や不思議な物を見た』と言うとある種の“いきり”と言いますか、自己能力の誇張の発言と感じて、恥じ入ってしまう方が多い印象です」

1話(6/7) 画像提供:みつつぐ
1話(6/7) 画像提供:みつつぐ

――なるほど。確かにそういった体験をしたことがない人に、霊や不思議な現象について理解してもらうのは、簡単ではないかもしれないですね。

「自分もその手の注意も受けたことがあります。でも、それは当たり前なんですよね。日常に無いもの・説明できないものを『見た』と言っているわけですから。受け入れる態勢ができていない人だとなかなか難しい。その点Twitterは、周囲を気にせずに、見たもの・聞いたものを気軽に書き残せる場になってくれているのかな…と感じています」

1話(7/7) 画像提供:みつつぐ
1話(7/7) 画像提供:みつつぐ

――最後に、更新を楽しみにしている読者へメッセージをお願いします。

「区切りをどうするか今は考えていませんが、話があるうちはゆるく続けていこうと思います。どうかこれからも楽しく見ていただけたら幸いです」

取材協力:みつつぐ(@mitutugu)

元記事で読む