1. トップ
  2. Mrs. GREEN APPLE『PRESENT』は「変拍子が新鮮で驚いた!」

Mrs. GREEN APPLE『PRESENT』は「変拍子が新鮮で驚いた!」

  • 2020.8.26
  • 547 views

Mrs. GREEN APPLEの若井滉斗(Gt.)と山中綾華(Dr.)、藤澤涼架(Key.)、髙野清宗(Ba.)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。7月にリリースされたベストアルバム『5』の収録曲「PRESENT(Japanese.ver)」について、レコーディングやミュージックビデオ撮影時のエピソードを語りました。

(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」8月25日(火)放送分)

undefined

山中:「PRESENT」は、(Japanese ver.)と(English ver.)の2バージョンがあるんですよね。4月に配信限定シングルとしてリリースしたのが「PRESENT (English ver.)」。そして7月にリリースしたベストアルバム『5』に収録されているのが、「PRESENT (Japanese ver.)」です。

3人:うん。

山中:最初に聴いたときは、エレクトロなサウンド感というか、EDM感のある曲なんだけど変拍子っていうのがすごく新鮮で驚いたのね。変拍子っていうのは、ちょっと変わった拍の取り方で。よくあるのは「12345678」だけど、この曲は「1234567 / 123456」でちょっと変わっているんだよね。でも違和感なく曲に入っててすごいなーって。

髙野:びっくりしたよね。

若井:僕は……海外のサウンドをルーツというかテイストにしてるんだけど、その中にも(大森)元貴節というか、それがメロディーにふんだんに入ってて、すごくいいなって思いましたね。

山中:うん。英語の歌詞もミセスとして初めてだったじゃない? それも挑戦だったし、日本語の歌詞との違いみたいな、表現の違いがまた楽しめるのも面白いなーって思います。

若井:たしかに。

藤澤:今までやってきた曲は……スタジオとかでレコーディングまでの期間でフレーズとか熱量をみんなである程度固めて、当日の熱量でさらにやるって感じだったんだよね。でもこの曲はEDM調っていうのもあって、当日にいろいろ試してみてというか、トライしながら面白くなるように積み上げていった印象がありますね。僕はピアノパートをやったんだけど、グランドピアノがいいのか、あえて打ち込みのピアノがいいのかとかを、現場でみんなと合わせながらテンポよく作っていった感じがありますね。

若井:うん。ギターに関しては、元貴とのギターフレーズとの兼ね合いがすごく面白い曲なんだよね。パズルみたいにギターフレーズが連なっていて、2つが鳴った瞬間に1つのフレーズになるみたいな……っていう作り方を一緒にしていったのを覚えてますね。

髙野:僕は最初に聴いたときに、体を揺らしたくなるようなダンサブルな要素がすごいあるなって思ったから、レコーディングでもそういうリズム感というか、グルーブをすごく意識して録りましたね。

【Mrs. GREEN APPLE – PRESENT (Japanese ver.)】

藤澤:ミュージックビデオも、(Japanese ver.)と (English ver.)があるんだけど……これリップシンクって言って、歌詞を口ずさむのもちゃんと両バージョン録ってあるんだよね。

若井:英語と日本語でね。

藤澤:うん。そういった部分もあるし、何にせよまず元貴先生の髪色! 僕らも今まであんなに明るい髪色をした元貴の印象がなかったから、また変わったイメージというか……あれは、ピンクシルバーっていうんですか?

若井:ピンクシルバーだね。あの日限定だったしね!

藤澤:そう! 綺麗な髪色でね、おしゃれに撮影できてよかったなって思います。

若井:ミュージックビデオに車が出てくるじゃないですか。僕はMVで運転するのは初めてで……しかも4人を乗せて運転するのが、いろいろな意味でドキドキしましたね。

髙野:乗ってるうちらもね、すごいドキドキしてたよ! ドキドキしつつも、楽曲に合わせて後ろで乗って盛り上げてましたけど。

若井:いいシーンだよね。

髙野:あと、ダイナーで食事をしてて、元貴がリップシンクしてるシーンがあるじゃないですか。あそこは、若井と俺、涼ちゃんと綾華っていう組み合わせで席が分かれていたんだけど、あのときさ、涼ちゃんと綾華なに話してたの?

山中:なにって……。

藤澤:うちらはもう……楽しく他愛もない話を、普段通りっていうかナチュラルにやってたよね。

髙野:そうなんだ。俺たちは楽曲の雰囲気を出そうと思って、頑張って英語で話してたのよ!

山中:英語だったんだ!

髙野:そう。「好きな食べ物なに?」みたいなことを、英語で頑張って聞いて。

山中:結構、簡単な話をしてたんだね……(笑)。

髙野:「Where are you from?」みたいな(笑)。

若井:「Japan!!」みたいな(笑)。

山中:覚えている英語で頑張って……(笑)。

髙野:そうそうそう(笑)。

若井:あと、そこのシーンで印象深いのは、髙野が振り向くシーン! 「あれ? なん……どうした? どうした??」みたいな感じで振り向くシーンがあるんですけど、あそこの大根ぶりには笑っちゃいましたね(笑)。

山中:いや、あのシーン好きですよ(笑)。

髙野:恥ずかしいわ!

若井:あと撮影時期が2月だったんだよね。めちゃくちゃ寒かったんだけど、衣装が結構な薄着だったじゃない? 僕とかはシャツの上にカーディガンを羽織ってたんだけど、めちゃくちゃシースルーの素材で、風がすごく入ってくるから……!

山中:逆に寒いみたいな。

若井:うん、逆に寒い!

山中:私は誕生日が近かったので、撮影の最後のほうにサプライズでプレゼントをもらっちゃって。本当に嬉しかったです。

若井:MVメーキングでも、セグウェイを渡すシーンが映っていますね。

山中:そう。驚きのプレゼントをもらって(笑)。本当に嬉しい誕生日になりました。

若井:あれからどうですか? セグウェイライフは?

山中:あ、セグウェイライフですか? そうですね……充電は満タンですかね。

髙野:いつでも使えるように……!

若井:いつでも走れるように充電はしてると。

山中:そうそう(笑)。ということで、2種類のミュージックビデオもぜひ見てみてほしいなと思います!

【Mrs. GREEN APPLE – PRESENT (English ver.)】

Mrs. GREEN APPLE は、7月8日にフェーズ1の完結と活動休止を発表しましたが、当番組は引き続き放送しています。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~金曜 22:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む