1. トップ
  2. ミーアキャットやフェネックなど赤ちゃんラッシュののんほいパーク!迫力満点のライオン展示場にもドキドキ

ミーアキャットやフェネックなど赤ちゃんラッシュののんほいパーク!迫力満点のライオン展示場にもドキドキ

  • 2020.8.25
  • 221 views

「のんほいパーク 豊橋総合動植物公園」(愛知県豊橋市)は、動物園、植物園、自然史博物館、遊園地の4つのゾーンからなる複合公園。生息地に近い環境が整えられた動物園では、約130種類800頭羽の動物を見ることができる。

【写真】6月に生まれたばかりのミーアキャット

大きな耳が特徴的なフェネック
大きな耳が特徴的なフェネック

生まれて間もない赤ちゃん動物たちに癒される!

園内では、生まれて間もない赤ちゃんたちがお待ちかね。ほかの群れの子供たちもみんなで世話をするという、珍しい生態を持つミーアキャットや、ふわふわな茶色の毛のグラントシマウマの赤ちゃんなど、春から続々と動物たちの赤ちゃんが誕生している。

なかでも注目したいのは、2020年6月6日に誕生した、大きな耳が特徴的なフェネック。いろいろなことに興味を持って活発に動く姿は、夜行性動物館で見ることができる。間近でエサを食べる姿が見られる、10時半から11時の来館がおすすめ。

また2020年7月2日に誕生した、パタスザルの親子にも注目。好奇心旺盛で活発な赤ちゃんをファミリーで見守りながら子育てを行っている。お母さんにしがみ付くかわいい姿や木登りしたりする元気な姿が見どころ。

お母さんにしがみ付くかわいい姿が見どころのパタスザル
お母さんにしがみ付くかわいい姿が見どころのパタスザル
【写真】ほかの群れの子供たちもみんなで世話をするというミーアキャット
【写真】ほかの群れの子供たちもみんなで世話をするというミーアキャット
お母さんを気にしない好奇心旺盛な男の子のグラントシマウマ
お母さんを気にしない好奇心旺盛な男の子のグラントシマウマ

間近で見るライオンの表情にドキドキが止まらない!

2020年3月に来園したライオンのシルクとアースは早くも園内の人気者!新設された展示場ではライオンを間近に感じることができ、特に頭上わずか数メートルを歩くライオンの姿は迫力満点だ。

1999年8月26日生まれのオト(メス)。野性味あふれた性格で、動きも機敏
1999年8月26日生まれのオト(メス)。野性味あふれた性格で、動きも機敏
2017年7月19日生まれのシルク(メス)。運動神経抜群で、無邪気で活発な性格
2017年7月19日生まれのシルク(メス)。運動神経抜群で、無邪気で活発な性格
2018年9月29日生まれのアース。りりしく、元気いっぱいの男の子
2018年9月29日生まれのアース。りりしく、元気いっぱいの男の子
ライオンがすぐ頭上に!
ライオンがすぐ頭上に!

なお、園内では新型コロナウイルス感染拡大予防策として、消毒ポイントの設置や、のんほいサーキットを除く遊園地の休止などを実施。ほか詳細は公式サイト参照。

園内散策で自然を感じながら、オモシロカワイイ表情やしぐさで来場者を楽しませてくれる動物たちに会いに行こう!

●のんほいパーク 豊橋総合動植物公園 / 住所:愛知県豊橋市大岩町大穴1-238 / 電話:0532-41-2185 / 時間:9:00~16:30(入園~16:00) / 休み:月曜(祝日の場合翌平日)、12月29日~1月1日 / 入園料:高校生以上600円ほか

※「東海ウォーカー」2020年9月号より転載。新型コロナウイルス感染拡大予防策については、公式Webサイト等の情報をもとにしています。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む