1. トップ
  2. Aぇ! group正門良規が「DIVER-特殊潜入班-」で若手刑事役に挑戦!【コメントあり】

Aぇ! group正門良規が「DIVER-特殊潜入班-」で若手刑事役に挑戦!【コメントあり】

  • 2020.8.25
  • 207 views
「DIVER-特殊潜入班-」で若手刑事役を演じる正門良規
(C)カンテレ

9月22日(火)スタートの福士蒼汰主演ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)に、関西ジャニーズJr.でAぇ! groupのメンバー・正門良規の出演が決定した。

【写真を見る】格闘技“カポエイラ”に挑戦する、道着姿の草間リチャード敬太、正門良規、福本大晴

同ドラマは、潜入捜査官をテーマにした、大沢俊太郎の人気漫画が原作のノンストップサスペンス。犯罪組織に対抗するため、秘密裏に設けられた潜入捜査チーム、通称・D班のメンバー“DIVER”たちの活躍を描く。DIVERの一人で“最強の潜入官”と呼ばれる黒沢兵悟(福士)は、悪に近づき、悪に手を染めながらも自身の正義で悪を駆逐していく。

正門は、D班の存在を知らず、さまざまな事件現場に駆け付ける兵庫県警組織犯罪対策課の若手刑事・上島哲也役を演じる。

正門は、関西ジャニーズJr.・Aぇ! groupのメンバーで、グループ内では得意のギターを担当。2019年には「恋の病と野郎組」(BS日テレ)、連続テレビ小説「スカーレット」(NHK総合)、2020年には「年下彼氏」(テレビ朝日ほか)に出演するなど、俳優としても活躍の場を広げており、今回もドラマ出演が決定した。

ドラマ出演決定はマネージャーからサプライズ報告!?

サプライズで本作への出演決定を聞かされたという正門は、「驚きと、うれしさと、いろんな気持ちがありました」とコメント。

刑事役として事件に向かうシーンが多く、現場では緊迫したムードに。撮影初日も、犯罪組織の家宅捜索に踏み込むシーンの撮影からスタートし、「いきなり事件に立ち向かう警察官の演技をするのは、すごくドキドキしました。『少年たち』という舞台で、囚人役をやっていたんですが、取り押さえる看守役の人たちの仕草を見ていたので、今回のドラマに少しは活かせたかなと思います。捕まえられる側から捕まえる側になりました(笑)」と語った。

さらに、今回のドラマは兵庫県神戸市が舞台で、関西での撮影が続く中、大阪出身の正門は、「関西から全国を盛り上げていきたいと思っているので、関西を拠点に撮影している全国ネットドラマに携われることがとてもうれしいです。“あ、あの場所や!”って思いながら撮影現場に向かっています」と関西での撮影を楽しんでいる様子。

共演する正名僕蔵、中山義紘について

正門演じる上島の上司・鏡課長を演じる正名僕蔵については「本当にムードメーカーで、正名さんが来て下さったら、現場の雰囲気が明るくなります!」とコメント。

正名に演劇論を教わることもあると話し、「本当にありがたいです。これまで積み重ねてこられた経験を教えてくださるなんて。授業料を払わないといけないんじゃないかというくらいの内容を教わりました。そのお話を聞いて、演技をする上で考えることが増え、視野が広がったなと思います」と感銘を受けた様子。

また、同じ兵庫県警組織対策課の若手刑事・大山を演じる中山義紘については「役柄ともリンクする部分があるんですけど、中山さんは先輩として引っ張っていってくれています。僕はどちらかというと人見知りなんですが、話しかけてくださって、休憩中もよく話しています」と話した。

最後に、正門は「スピード感もあって面白いドラマなので、是非楽しんでほしいです。スカッと楽しんでもらえる5週間になると思います!D班ももちろん、組織対策課の雰囲気も楽しんでいただきたいです。クスっと笑えるシーンや、アクションシーンも楽しんでいただければうれしいです!」とドラマの見どころをアピールした。(ザテレビジョン)

元記事で読む