1. トップ
  2. ファッション
  3. 白と青と赤、夏はやっぱりフレンチマリンに決まり!【“スカーフ”ガールの着まわし31days】

白と青と赤、夏はやっぱりフレンチマリンに決まり!【“スカーフ”ガールの着まわし31days】

  • 2020.8.24
  • 385 views

今月はアクセサリーとしての使い道はもちろん、ときには服代わりにもなってくれるスカーフアレンジをご紹介。スタイリングに取り入れるだけでパッと華やぎ、いつもとは違った雰囲気に仕上げてくれるスカーフは、デイリースタイルの強い味方に。シンプルな装いになるこの季節だからこそ、ワンポイントのおしゃれでクラスアップをはかって。

白と青と赤、夏はやっぱりフレンチマリンに決まり!【“スカーフ”ガールの着まわし31days】
出典 FUDGE.jp

トリコロールカラーでつくる

クラシカルなフレンチマリンスタイル

夏の空に映えるボーダーカットソーとクリーンな白スカートの着こなし。眩しい陽射しによく似合う爽やかなマリンスタイルに、シルクの赤スカーフを投入してフレンチな味付けを。古いシネマの女優のような上品さと優美さのあるスタイリングは、いつの時代も色あせない魅力を振りまく。

 

-SELECT FROM MIX&MATCH ITEMS-

04. スカーフ¥13000/ARMEN(ビューカリック&フロリック)

シルク100%のシルクスカーフは、正方形のコンパクトなサイズ感が使いやすいデザインに。シルクならではの肌触りの良さとドット柄のプリントがポイントです。

22. ボーダーカットソー¥13500/SAINT JAMES(セントジェームス代官山店)

定番のボーダーをお持ちなら、次に狙うのは白の分量が多い爽やかなパネルボーダーを。厚みも柔らかさも程よい素材感で、着るほどに馴染んでくれます。

09. スカート¥30000/Bilitis dix-sept ans(ビリティス)

ほどよいボリューム感がふんわり優しげな表情のティアードスカートは、ノーブルなホワイトカラーが洗練された雰囲気に。着るだけで凛とした美しさが際立ちます。

25. カゴバッグ¥15000/THE BAGMATI(セイムインターナショナル)

サイドと持ち手にレザーをあしらったカゴバッグは、ナチュラルな風合いながらも上品な佇まい。小ぶりですがマチがあるので荷物を収納しやすいデザインに。

ピアス¥80000/GIGI(ホワイトオフィス)

 

【お問い合わせ先】

ビューカリック&フロリック tel:03-5794-3553

セントジェームス代官山店 tel:03-3464-7123

ビリティス tel:03-3403-0320

セイムインターナショナル tel:092-622-5221

ホワイトオフィス tel:03-5545-5164

白と青と赤、夏はやっぱりフレンチマリンに決まり!【“スカーフ”ガールの着まわし31days】
出典 FUDGE.jp

photograph_Kitamura Keisuke(model)Kurihara Daisuke(item)

styling_Kitagawa Saori

hair&make-up_Onishi Akemi

model_Asya

元記事で読む