1. トップ
  2. 恋愛
  3. ションダ・ライムズ、黒人の大移住を描く米国史ドラマ『The Warmth of Other Suns』を製作

ションダ・ライムズ、黒人の大移住を描く米国史ドラマ『The Warmth of Other Suns』を製作

  • 2015.5.7
  • 661 views

米FXとションダ・ライムズが、2010年出版のイサベル・ウィルカーソンによる歴史小説、『The Warmth of Other Suns: The Epic Story of America's Great Migration』をミニシリーズ化することが明らかになった。米Varietyが報じている。

undefined

【関連記事】【私はこう観る!お先見】あなたも犯罪学を学ぶ学生と一緒に推理して楽しめる!法廷サスペンス・ドラマ『How to Get Away with Murder』(byサーシャLK)

原作は1915年から1970年代半ばの約60年間に、約600万人の黒人が米国の南部を離れて北部や西部に移住し、後の公民権運動を生みだす土壌を作り、米国の政治と社会を劇的に変えたという史実を3人の登場人物を通してダイナミックに描いた抒情詩的な作品。ウィルカーソン女史はニューヨーク・タイムズ紙のシカゴ支局長時代、黒人女性として初めて、ジャーナリズム部門でピュリツァー賞に輝いたジャーナリストだ。本作は著者が15年の歳月をかけて執筆した大作で、2010年度全米批評家協会賞(ノンフィクション部門)に輝いた話題作でもある。

この歴史大作をミニシリーズ化するのは、ヒットメーカーのションダ・ライムズと『スキャンダル~託された秘密』『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』など、一連のションダ作品の製作総指揮を務めたションダランドのプロデューサー、ベッツィー・ビアーズだ。監督&脚本はスパイク・リー監督の弟子で、2011年の自伝的映画『アリーケの詩』でサンダンス映画祭の最優秀シネマトグラフィ賞に輝いた女流監督、ディー・リースが務める。

現時点では、プロジェクトは初期段階にあるが、ションダを始めとする意欲的な女性クリエイターたちが力を結集させるだけに期待が高まりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ションダ・ライムズ
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net