1. トップ
  2. <24時間テレビ>“あったか5兄弟”のチームワークに反響 歌唱中の重岡大毅のマイクトラブルをみんなでフォロー

<24時間テレビ>“あったか5兄弟”のチームワークに反響 歌唱中の重岡大毅のマイクトラブルをみんなでフォロー

  • 2020.8.23
  • 459 views
メインパーソナリティーが夏の名曲を披露!
(C)NTV

夏の名物チャリティー特番「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(8月22日夜6:30-23日夜8:54、日本テレビ系)では、23日朝11:50ごろに「おうちでサマー! テッパン夏ソングメドレー」が放送され、メインパーソナリティーらが夏の名曲を歌唱。その際に発生したマイクトラブルを、みんなでフォローし合った姿が反響を呼んでいる。

【写真を見る】ジャニーズWESTがライブパフォーマンス「僕たちからのエール、あなたに届きますように!」<24時間テレビ>

2020年の「24時間テレビ」はメインパーソナリティーを井ノ原快彦、増田貴久、北山宏光、重岡大毅、岸優太が務める。また、会場は東京・両国国技館を使用。

「動く」をテーマに、「43回目ではなく、新しい日常での1回目」として「離れていても、心を通わせて動き出そう」というメッセージを発信する。

「おうちでサマー! テッパン夏ソングメドレー」では、湘南乃風や桐谷健太も登場し、定番の夏ソングを歌唱。さらに、増田が「青い珊瑚礁」(松田聖子)、岸が「花火」(aiko)、北山が「真夏の夜の夢」(松任谷由実)、重岡が「世界でいちばん熱い夏」(PRINCESS PRINCESS)、ラストは井ノ原を中心に「マリーゴールド」(あいみょん)を歌い上げた。

重岡の歌唱中には、マイクが音を拾わなくなるトラブルが発生する場面も。すかさずみんなが駆け寄ってマイクを差し出し、増田のマイクを受け取った重岡はイヤモニを外して歌唱を続行した。

これには視聴者からは、「あったか5兄弟のあったかさが表れていた」「チームワークがすごく良かった!」などと、トラブルをみんなでフォローし合う姿に反響があった。

メドレーの最後、“いのみょん”こと井ノ原による「マリーゴールド」の歌唱中、代わりのマイクを受け取った重岡も合流し、5人そろって笑顔で歌唱する姿を見せた。(ザテレビジョン)

元記事で読む