1. トップ
  2. メイク
  3. トレンド目元をつくるなら○色で!アイラインの正しい引き方を徹底解説!

トレンド目元をつくるなら○色で!アイラインの正しい引き方を徹底解説!

  • 2015.5.7
  • 21376 views

目元のメイクでいちばんの要ともいえる”アイライン”。くっきり黒ラインが定番で、ずっと同じアイメイクをしているそこのあなた、ちょっと待った!

現在発売中の『美的』6月号では、いまどき顔のメイクプロセスを紹介しています。グッといまっぽいこなれたメイクにするなら、この春はブラウンラインをチェックしましょう!

 

◆ブラウンの操り出し式ペンシルライナー

ペンシルタイプのアイライナーは、きれいな素肌に近いセミマットな質感で、ぼかしやすいのも◎。細さを一定に保てる操り出しタイプなら、不器用さんでも初心者でも失敗が少なめです!

右/ベアミネラル ラスティング ライン ロング ウェアリング アイライナー エターナル ブロンズ ¥2,500(税抜)

右中/THREE シャドウライニングパフォーマンス アイライナー 02 ¥2,800(税抜)

中/コーセー ヴィセ リシェ カラーインパクト ジェルライナー BR301 ¥950(編集部調べ・税抜)

左中/資生堂 インテグレート スナイプジェルライナー BR620 ¥950(編集部調べ・税抜)

左/ジルスチュアート ビューティ ステイ トゥルー ジェルアイライナー 02 ¥2,300(税抜)

◆いまどき顔のアイラインの引き方

目頭から目尻まで一気に線を引くとガタついて悪目立ちするので、3回に分けて引くのが正攻法! 実際の目尻よりも2mmほど長めに入れて、延長ラインはアイシャドウの締め色で引きます。

【1】目頭から黒目の内側までラインを入れる

目頭から黒目の内側の狭い範囲内も一気に引こうとせずに、アイライナーを小刻みに往復させて少しずつ線をのばしていきます。指でまぶたを持ち上げて、際ギリギリに引きます。

 

【2】目尻から黒目の外側までラインを引く

指で目尻側のまぶたを持ちながら、目尻から黒目の外側にラインを入れます。入れ方は【1】と同じに小刻みに。

 

【3】黒目の内側から外側に引き、ラインをつなげる

指でまぶたを持ち上げながら黒目の上にラインを引き、【1】と【2】のラインをつなげます。奥二重の人は、ラインが乾くまで指でまぶたを持ち上げておくと、にじみにくくなります。

 

【4】締め色をまっすぐ引いてグラデーションをつける

アイシャドウをチップにとり、目尻に置いて真横にゆっくり引き抜いて目尻よりも2mmほど長くまっすぐのびたラインを引きます。目尻側が適度にぼけて自然な仕上がりに!

 

ブラウンのもつ柔らかさと肌なじみのよさが、メイクをよりナチュラルに色っぽく見せてくれます。この春は、ブラウンアイライナーで今どき顔メイクに挑戦してみてはいかがですか?(松本美保)

『美的』2015年6月号(小学館)