1. トップ
  2. ファッション
  3. kolor 2015-16年秋冬コレクション - 個性を凝縮させた、動きのあるフォークフロア

kolor 2015-16年秋冬コレクション - 個性を凝縮させた、動きのあるフォークフロア

  • 2015.5.7
  • 983 views

 kolor(カラー)の2015-16年秋冬コレクションは、フォークフロアテイストが香る。アメリカ先住民・インディアンにインスピレーションを得て、天然石を散りばめたジャケットも登場した。また一方で、素材やカラーを独創的に組み合わせた、リラックシングなアイテムがコレクションを作り上げていく。

ボリューム感のあるシルエットが、繰り返し展開される。ロング丈のアウターとマキシ丈のボトムスを合わせた、重心を低くとったコーディネートはもちろん、アイテム1つ1つの重量感もポイント。胴体がすっぽり入ってしまうほど大きな幅のワイドパンツや袖にファーをあしらったツイードコート、ダウン素材のロングスカートなどが揃う。

また、秋冬らしいウール素材での遊びも面白い。密度の濃いレースを重ねたパンツやジャケット、デニム地のポケットを配したコート、裾がしぼまったプリーツスカートなどが、今季らしい表情を形作っていく。一方で、異なるアイテムをドッキングさせた装いも登場。パンツとスカートをミックスさせたボトムス、バンダナを合わせたドット柄のワンピースなど。海や森、土など自然を想起させるパレットと相まって、エスニックな魅力を強めていく。

そこに、スウェットパンツや厚底スリッポンといった、スポーティーなアイテムを採り入れ、快活なムードを混ぜ合わせていく。またカーキのロングトレンチコートに、共布のマキシ丈スカートを合わせたルックは、ミリタリーな雰囲気が漂い、テイストミックスへのアプローチが展開されていた。

今シーズンは、ふっくらと温かみのある生地、包み込まれるようなゆったりとしたシルエット、生命感のある豊かなパレットが集結。そこに、アシンメトリーなカッティングやランダムに配したタッグなど、繊細なテクニックを加え、より個性を凝縮させたアイテムが披露された。