1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『見捨てるのはまだ早い!? 「育てるべきダメ男」と「一生治らないダメ男」の違い』婚活アドバイザー、植草美幸(第104回)

『見捨てるのはまだ早い!? 「育てるべきダメ男」と「一生治らないダメ男」の違い』婚活アドバイザー、植草美幸(第104回)

  • 2020.8.20
  • 20637 views

本当にダメ男ばかり? 「減点思考」に陥るほど結婚は遠ざかる


こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

以前、『30歳オーバーで実家暮らしは要注意! ダメ男の見分け方』( https://withonline.jp/love/konkatsu-jyoshi/WwLul )では、致命的で要注意なダメ男の条件についてお伝えしましたね。

一方で「婚活相手がダメ男だった!」「こんな男性はありえない、付き合う価値ナシ!」という婚活女子の嘆きを聞いていると、婚活アドバイザーとしては「あぁ、もったいない!」と思うことも。

なぜなら、結婚できない人は「減点思考」であることが多いのです。相手を第一印象だけでシャットアウトしていまい、「この人とは結婚できない」「ここがダメ! そういえば、こんなところも嫌だった!」と決めつけていませんか? 減点ばかりしてNOを出すだけでは、成婚はもとより一生続く結婚生活が上手くいくはずもありません。

「世の中、ダメ男ばかり!」と、ほんの些細なことに気をとられて、せっかくのいい相手を取り逃してしまっている女性が多いこと。「愛されたい、○○してもらいたい」ばかり、「○○してくれない」ばかりになるのはやめましょう。

例えば、次の2つは「ダメ男」のNGデートとしてあげられるポイントだけれど、思い当たることはないかしら?

1「エスコートが下手で優柔不断!」⇒“お願いします”は魔法の言葉と心得て

実際の例だと「デートなのに会計を別々にされた」という話がありました。レジに縦列で並ばされて屈辱だったと怒っていたけれど、女性が会計をして「次のお店のお支払いは“お願い”ね!」と気づかせてあげれば解決だったはず。

デートのエスコートもあなたの「お願い」で解決できます。「ゆっくりお話ししたいのでコース料理のレストランでお願いします」「美味しいケーキがあるカフェで待ち合わせをお願いします」などなど、上手に“お願い”すれば、相手もエスコート上手になれるのです。

2 食事デートのお店選びが下手! ⇒AND YOUの法則で解決

もう一つ、よく相談を受けるのがデートのお店やデートコースを決めてくれないという悩み。私からすれば、どうしてこれが悩みなの? むしろ気が利かない相手に行き先をゆだねるなんて信じられないくらい。行きたくないところに連れていかれないための施策だと思って、自分からどんどん提案しましょう。

やり方は簡単。「今日はどこに行くんですか?」じゃなくて、「今日はここにしませんか?」と聞いてみてください。

「今日はお寿司か、ウナギか、天ぷらがいいな。あなたが行きたいところは他にある?」と言えば、AND YOUの法則で会話術としても大成功。誰もが答えやすい会話術を心がけることで、一緒にいてラクな存在になれますよ。

完璧な男性は少ないもの。できると思い込んでいるからイライラするんです。最初からできないと思っていれば気がラク。実際に「男性がお店やデートを決められない」ということを逆手にとった例がありました。


CASE
女性32歳・編集者 ♡ 男性38歳・システムエンジニア

女性がマリーミーの会員で、男性は別の結婚相談所で2~3年ほど婚活をしている方。二人とも多忙で、男性は夜勤があったり、セキュリティ上の問題で仕事中にスマホを使えなかったりと、デートの約束もままならないほど。

そんな二人がなぜ成婚できたのか。成婚後、男性に聞いてみると「お店を全部決めてくれて、すごく助かった」と言うのです。今までは男性がエスコートするべきだと思っていたから、デートのたびに負担が大きく、仕事と婚活の両立が辛くなっていたんだそう。

この女性は仕事柄アポイントに慣れていることもあって、「昨日は何を食べました? 予算はいくらにします? このお店、コースもあるけど、アラカルトでいいですよね~!」とその場で話しながらポンポンとデートが進んだというのよね。「結婚後も自分が苦手なことを補ってくれる様子が想像できた。自分も彼女をサポートしたいし、そんな夫婦になりたい」と語ってくれたのです。

相手の欠点や弱点は、むしろ仲を深めるチャンス

相手の欠点や弱点は、ダメと思えばダメなポイントのままだけれど、上手く逆手に取れば、相手を助けてあげるきっかけにもなり、それは婚活においてチャンスになることも。

逆に、「一生治らないダメ男」のポイントは、時間やお金のルーズさ、ギャンブル癖や浮気癖など依存度の高いもの。また、マイナス思考などの性格面の不一致もすぐには直らないでしょう。さらに、ちょっとしたことで言えば、箸の持ち方や食事マナーも大人になってから直すのは難しいので「生理的に無理」であれば相性が悪かったと思って諦めたほうがいいかもしれないわね。クチャラーや犬食い、食事の好き嫌いが激しすぎる……など、実際に破談になったケースも少なくありません。

ともあれ婚活では「木を見て森を見ず」になるのは厳禁。最終的には、あなた自身がどんな幸せな結婚をしたいのか、それに合った相手なのかどうかが重要です。気づかせて教えてあげれば解決する内容なら「育てる」ポイント。ぜひ見極めて幸せな結婚を掴んでくださいね。


*個人情報保護のため、一部アレンジしています。

元記事で読む
の記事をもっとみる