1. トップ
  2. ネイル
  3. 爪表面をしっかり整える!バッフィングの重要性と注意点

爪表面をしっかり整える!バッフィングの重要性と注意点

  • 2015.5.6
  • 2121 views

ネイルアートをする前に、自爪にさまざまなケアを施しますが、セルフネイル初心者さんの中にはどんなことをするのか分からない!という人も…

バッフィングって何?

【イットネイル】ネイルアートをする前に、自爪にさまざまなケアを施しますが、セルフネイル初心者さんの中にはどんなことをするのか分からない!という人も多いのではないでしょうか。ネイル関連の用語はたくさんありますが、その中でも「バッフィング」や「ファイリング」という言葉をよく目にしますね。

今回は主に、バッフィングについてご紹介したいと思います。

バッフィングとは、「バッファー」と呼ばれるネイルアイテムを使って、爪表面の凹凸などを滑らかにするケアことをいいます。

バッフィングとファイリング

ネイル表面がデコボコしていると、ジェルやポリッシュが塗りづらいだけでなく、自然なツヤなどが出なくなり仕上がりがイマイチになってしまいます。

バッフィングはこのような失敗を防ぐため、あらかじめ爪の表面を平らにして、ネイルアートの輝きをよくする目的があります。

混同されやすいケアに「ファイリング」がありますが、ファイリングで整えるのはあくまで爪の「形と長さ」だけです。また道具も、バッファーではなくネイルファイルという別の道具を使います。似ているようで同じケアではないので、混同しないようにしましょう。

バッフィングとジェルネイル

ジェルネイルではバッフィングは特に重要となり、バッファーで小さな傷をつけることでジェルがより定着しやすくなります。

この工程を飛ばしたり雑に済ませると、ジェルネイルは剥がれたり浮きを起こしやすくなります。

削るとカスが表面に残りますので、バッフィングが終わった後は必ず拭き取り用クレンザーできれいにしましょう。

バッフィングの注意

ファイリングにも言えることですが、バッフィングは削りすぎにとくに注意する必要があります。

ゴシゴシと力を入れてバッフィングをしていると、爪表面が大きく削がれてしまい、薄くなってしまうこともあります。こうなると自爪に大きなダメージがかかりますので、なるべくやさしく丁寧に・少しずつ行うことをおすすめします。

Itnail編集部