1. トップ
  2. ファッション
  3. HYKE 2015-16年秋冬コレクション - 都会的な作業着

HYKE 2015-16年秋冬コレクション - 都会的な作業着

  • 2015.5.6
  • 1563 views

HYKE(ハイク)が、2015-16年秋冬コレクションを発表した。今季は、野外作業で着用する、ワークウェアやハンティング、ミリタリーウェアなどから着想を得て、HYKEの視点から捉えた“ヘビーデューティーウェア”が登場。

ストンと落ちるような直線的なシルエットと、裾や袖のゆとりがキーワード。美しいネックラインを見せるように、コレクション全体はハイネックで統一されている。またセンタープレスのパンツやプリーツスカートなど、縦のラインを意識したワードローブが揃う。一方で、トップス、ボトムス共に、生地を贅沢に使用し、たっぷりとした丈感が、リラックスしたムードを演出している。

また、米国のリアルツリー社が展開する“APカモ”を採用し、落ち葉や枯れ木など、秋の風景を描いたパンツやトレーナー、フーディ―が揃った。裏起毛やジップ、袖口のリブといったディテールからは、機能性に目を向けた姿が感じられる。

秋冬らしくボリューム感と温かみのある、ウェアが並んだ。肉厚なリブ編みのニットやウールのスタンドカラートップス、前後で網目の違うウールニットトップスなどが展開。その中で、ほんの少し加えた、遊び心のあるデザインが目を引く。隠しポケットのあるロングコートやマキシ丈スカートに見せたフレアパンツなど。

今シーズンも余分なものを排した、スッキリとしたデザインが中心。そこに、カモフラージュ柄をはじめ、ハットやスニーカーといった小物、スウェットなどのカジュアルなファブリックを用いて、都会的にブラッシュアップしたワークウェアが提案された。